« そんな<場所>に帰っていかなくてはならない | トップページ | 暴力行為は、まだ増え続けている »

 第2回明日の教室東京分校に登壇 そして1つの提案

 18日の土曜日は、明日の教室東京分校の第2回目に登壇した。
 京都明日の教室の常連であった佐瀬先生が、東京で始められたものである。
 第1部 日常実践を充実させるための仕事術
 第2部 学級づくりをどうしていくか
 第3部 授業のどこを改革していくか
 3時間の講座である。
 私の最新の考えを本音で提起したものである。
 三連休の一日目なのに、50名近くの方が参加していただき、とても盛り上がるものになった。
 遠く仙台や、大阪や、名古屋からかけつけてもらい、ほんとうに感謝している。
 ★
 橘大学の明日の教室も、いつも池田ゼミ関係の学生の方が諸々の下支えをされている。
 今回の東京も、千葉大学の学生の方が、下支えをされていて、スムーズに回っていた。
 おそらく、学生の方の支援がなければ、こんなにスムーズには進行していかないと思っている。ありがたいものである。
 今、ふっと思いついたのだが、この「明日の教室」に参加されている学生の方を中心に教師に採用されていく前の一日を「学級経営講座」として私に講座をもたせてもらえないかという提案である。1月か2月か3月の一日になろう。できれば、午前、午後ということがいい。
 今回私が担当している初任者に助言した全てのことを、この講座で提案したいということである。実践的なことだ。
 大阪でも、川本先生が明日の教室を始められている。
 3つの「明日の教室」に参加されている採用前の学生の方へのせめても感謝の気持ちである。
 ★
 なぜかというと、採用されたけれども、採用されるまでにどのような勉強をしたらいいかという質問を各地でさかんにされる。
 本を読むことを進める。
 しかし、本は限界がある。
 もっと、学校現場を想定して、教師になるということはどういうことか、どのような具体的な手立てが必要なのかなどを知る必要がある。
 初任者の七八割のクラスは荒れる。
 それにはきちんとした理由がある。
 その理由が、私にはつかめてきた。
 克服できるのだ。
 実際に私が担当している初任者の先生は、みごとなクラスを作り上げている。
 その方法を教えようという試みである。
 ★
 参加される学生の方は、旅費(宿泊費?)だけ。私も手弁当で参加する。
 どうですか。糸井先生、池田先生、佐瀬先生、川本先生 検討してください。
 
 
 
 
 

|
|

« そんな<場所>に帰っていかなくてはならない | トップページ | 暴力行為は、まだ増え続けている »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

野中先生
糸井です。
本当にいつもお世話になっております。
この度は、「明日の教室・東京分校」への御登壇ありがとうございました。
さて、新採教師を集めての一日研修のご提案、拝見しました。
是非、京都で宜しくお願いします。
3月でいかがでしょう。
また、池田先生と日程調整をしてお返事させていただきます。
では、では。

投稿: 糸井登 | 2010年9月20日 (月) 11時32分

よろしくお願いいたします。
三月で調整させて頂きます。
春浅い京都で開催させて頂ければと思います。

投稿: 池田修 | 2010年9月20日 (月) 14時25分

野中先生
ご無沙汰しております。
大阪の川本です。
今から3月の京都での一日研修が楽しみです。
またお会いできるのですね。
うれしいです。
また大阪分校でもぜひ学ばせていただきたいです。
よろしくお願いします。

投稿: 川本敦 | 2010年9月20日 (月) 18時49分

野中先生、18日はありがとうございました。
第1回に引き続き、盛況な会になりました。
地域も様々ですが、立場も様々な方に集まっていただきうれしい限りです。大学1年生や息子さんが大学生で教員を目指している保護者の方等。

そして、採用前1日研修の件いいですね。
千葉大学の学生やうちの学校で講師やティーチングアシスタントをしている方に参加を呼びかけます。

投稿: J.SASE | 2010年9月20日 (月) 22時24分

追伸
採用前1日研修は東京会場でも実施していただけるとありがたいです。

投稿: J.SASE | 2010年9月22日 (水) 18時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/49502769

この記事へのトラックバック一覧です:  第2回明日の教室東京分校に登壇 そして1つの提案:

« そんな<場所>に帰っていかなくてはならない | トップページ | 暴力行為は、まだ増え続けている »