« 再び、声を大にして訴える | トップページ | そんな<場所>に帰っていかなくてはならない »

学級づくりの方法は最低3つ、付け加えるならあと2つ

 吹き抜ける風が、季節の変わり目を告げている。
 やっと、この猛暑をくぐり抜けることができそうだ。
 「ふうっ~~~~~」と、大きくため息をつく。
 ★
 9月を迎えて、締め切り間近な「縦糸・横糸の教育学」本の原稿を仕上げる。
 横藤先生と2人で書き上げるものである。
 学陽書房から来春出版される予定である。
 私にとっては、横藤先生が提唱された「縦糸・横糸」の考え方は、素晴らしい贈り物と言っていいほどのものであった。
 私が考えている「学級づくり」の方法に大きな一歩を付け加えてもらった。
 ★
 昨年の夏の授業づくりネットワークの大会の私の講座で、岐阜の長瀬拓也先生から質問を受けた。
 「野中先生は、1年間の学級づくりをどのように考えられておられますか?」
 その時は、適当に答えたと思う。
 しかし、迷っていたのである。
 1年間の学級づくりは、見通しをもって計画的に、継続的に進めなくてはならない。
 たとえば、学級づくりで大きな問題提起をされた戸田正敏先生は、1年間の学級づくりを次のように提起される。(「自立した子を育てる 学級づくりステップ組織術」明治図書)
 1 「学級づくり」・導き段階
 2 「学級づくり」・寄り添い段階
 3 「学級づくり」・見守り段階
 今でも名だたる実践家は、このような計画をもって、学級づくりに当たっていると思う。
 だが、そのような方法は、あまりにも普通の現場教師と距離が離れすぎている。
 先進的な方法を提起していくのは、大切なことだが、私はほとんど興味がない。
 それよりもなりよりも現場の教師たちを少しでも揺り動かしていく方法論を考えたい。
 そのためには、現場教師たちの多くが取っている方法をどのように繰り込んで、それにどのように付け加えていけるかどうかだと今まで考えてきた。
 就かず離れずである。
 現場の多数派の教師たちは、ほとんど計画的、継続的に学級づくりを進めていない。
 実態は、学期の最初に係・当番を決め、1年間の学校行事と学年行事に従いながら、その間で授業をしていくということになっている。
 学級経営案も提出されるが、ほとんど校長へ提出される作文である。
 そのようにほとんど進めていない。
 今も綿々と進められる学級経営案の方法は、破産している。
 企業経営に当てはめるならば、ほとんどのクラスが倒産していることになる。
 それでも成り立っているのは、公教育という制度で守られているからに過ぎない。
 ★
 1年間の見通しを持った計画的、継続的な学級づくりは、ほとんど無理になっている。 そのような認識を最近持っている。
 今、学級で最も必要なのは、「群れ」を「集団」へかさ上げしていく手立てであり、方法論である。
 この手立てが取られ、実際に学級が「集団」化していけば、もう普通の学級では充分な学級運営と考える。 
 「集団」化していくには、準備段階がいる。土台づくりと言っている。
 学級の子供たちが教師のリーダーシップで統率される必要がある。
 そして、1ヶ月で学級の土台づくりがなされなければいけない。
 だから、学級づくりの方法は、最低条件として3つなのだ。
 
 1,関係づくり(縦糸・横糸の教育学)
 2,仕組みづくり(3・7・30の法則)
 3,集団づくり(群れから集団へ)
 
 もう少し付け加えるならば、次の2つになる。
 4,交流づくり(会社活動など)
 5、秩序づくり(教室の「見える」化を図る)

|

« 再び、声を大にして訴える | トップページ | そんな<場所>に帰っていかなくてはならない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学級づくりの方法は最低3つ、付け加えるならあと2つ:

« 再び、声を大にして訴える | トップページ | そんな<場所>に帰っていかなくてはならない »