«  山陰浜田の講座が終わる! | トップページ | こうして2回目の講座が終わる! »

少しは無理をしろ

   熱中症で救急車で運ばれた中高年が、2万人を越えたという。
 しかも、部屋の中で熱中症になるというのだから、大変である。
 この暑さである。
 天気予報では、毎年の暑さより3℃高いという。
 北海道で、35℃になるというのだから、これはものすごい暑さである。
 ★
 だが、これももう少し、防いでいく手立てはあるのではないか。
 医療関係者は、暑いところを避けて、涼しいところで、水分を小まめにとり、休養を充分にと繰り返し繰り返し語っている。
 体に自信がない人ならば、そうであろう。
 だが、どこも何ともなく、少々歳を食っているだけならば、少々の暑さならば慣れていけばいい。
 クーラーのある部屋で、じっとして過ごしていれば、そのうちに熱中症になる。
 体をそんなに過保護にして、どうなるのであろうか。
 ★
 私は、わざと朝の涼しい時間を避けて、10時頃の時間を選んで1時間ぐらい散歩をする。
 適当に暑い。
 帰ってきたら、汗びっしょり。
 これで体を少しいじめていく。
 そして、午後は5時から1時間、歩いたり、走ったりで過ごす。
 10月23日に、フルマラソンがひかえているので、それへ向けて体づくりをしている。
 自分の体を守ってばかりいてはだめだ。
 決して無理をすることはないが、過保護ばかりでもだめである。
 ★
 「無理をするな」「休め」「気楽に」「悠々自適に」という提言は、いくつもなされる。
 しかし、実感としてつかめることは、「少しは無理をしろ」「動け」「歩け、歩け」「悠々自適などはない」という言葉である。
 
 
 
 
 

|
|

«  山陰浜田の講座が終わる! | トップページ | こうして2回目の講座が終わる! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/49069640

この記事へのトラックバック一覧です: 少しは無理をしろ:

«  山陰浜田の講座が終わる! | トップページ | こうして2回目の講座が終わる! »