« 天に意志があるとしか、思えない | トップページ | ツイッター風に~つれづれなるままに~ »

問題の核心はここにあった~「その子育て科学的に間違っています」~

  横藤先生からのお薦めの本を早速アマゾンから取り寄せた。
 高知へ行く飛行機の中で読んだ。
 「その子育ては科学的に間違っています」(國米欣明著 河出書房新社)という本。
 読みながら驚いた。
 このような画期的な本を今まで目にすることができなかったことを悔やんだ。
 このオリジナル版が、2007年に三一書房から出ていたのである。
 ★
 この本は、プロローグの中で次のように指摘する。

  「ハイリスクの子」(危険度の高い子)ともいわれる「すぐキレる子ども」
  たちの出現、「子ども中心の子育て法」を導入し、実践してきた国々に、
  その育児法を導入した後から多発し、重大な問題になった特有な現象 
 です。
  しかも、その「ハイリスクの子」は、数々の性格的欠陥をもっていて、
  その影響は学校教育を困難にし、子どもの学力に影響するほど深刻です。
  特徴は「自分の感情が抑制できない」ことです。 
     どこに本質的(科学的)にまずい問題があったのでしょうか?それを考え、
  どこをどう改善したらよいのか、そして信頼の置ける現代の「子育ての基本
  原則」(プリンシプル)とは何なのか、それを本書では可能な限り明らかに
  してみたいと思います。 

 國米先生は、認知神経科学(脳科学)の視点から問題を指摘していく。
 ★
 問題の核心は、「子ども中心の子育て法」にあったのだと、次のように諸外国の例を紹介する。

  アメリカ合衆国は1990年代のなってから、認知神経科学や認知心理学が明らかにしてきた多くの根拠をもとに、「子ども中心主義」の子育ての誤りに気がつき、大いなる反省のもとに1997年からの別の道を選択しました。それが教育現場の「ゼロ・トレランス方式」の導入だったのです。それを境にして、アメリカの家庭での「子ども中心の育児法」も、大きく方向を変えました。現在までに十数年が経過して「ハイリスクの子ども」が大量生産されることもなくなり、教育現場に平静さがもどって学校教育の質も改善されています。
  また、イギリスの元サッチャー首相も、いまから10年以上前になりますが、その政権当時「子ども中心主義」が教育荒廃の根本原因だと強く批判し、教育水
準局を新設して偏向教育の是正をはかり、それなりの成果が上がってきています。
  10年前には荒れていたスウェーデンも、さまざまな対策によって、いまでは
 改善されています。数年前から校内暴力に悩まされているドイツは、いま緊急の対策を迫られています。

  同じように「子ども中心の子育て法」で子育てをしている多くの日本の実際は、これほどの大きな問題を抱えながら、ほとんどと言っていいほど根本的な対策を取れないでいる。
 ★
 私は、「困難な現場を生き抜く教師の仕事術」(学事出版)の中で、子供の変化を「児童変貌論ノート」という形で展開している。
 子供たちの変化は、どこから、どのような形で起こったのか。
 その原因とは何か、というのを私なりに追求している論である。
 1970年代に、日本で展開された消費資本主義が、決定的に日本の子供たちを変えていったと、私はこのノートで指摘している。
 
  日本が、<生産>を中心とする時代から<消費>を中心とする時代に大転換を果たした時、<子どもたち>は<大人社会>の先を駆け抜けるたくましいランナーになったのである。
 

 そして、子供たちの変貌を<位置の転換>という視点からとらえている。

 社会の中では、消費をする主人公として登場するようになった。家庭の中では、大人との関係で常に下に見られる存在から、家庭の真ん中にすわる存在になった。
 学校では、勉強を教えてもらえる<生徒>から、先生を単なる大人か友だちのようにしか考えない、単なる<子ども>がウヨウヨいるようになった。
  社会も、家庭も、学校も、いつのまにか大手を振って歩き回る<子どもたち>に振り回されている。そこでは、はっきり<位置の転換>が図られたのである。

 だから、「子ども中心の子育て法」は、こういう大きな<位置の転換>の中で展開された子育て法と考えた方がいいと、私なら考える。
 ★
 この本は、多くの先生たち、親たち、行政の人たちに読んでほしい。
 子育ての方法を原点に戻していかなければ、このままでは多くの人たちが疲弊し、学校が崩壊し、日本は内部から壊れていく。
 そのことを考えさせてくれる画期的な本である。

|
|

« 天に意志があるとしか、思えない | トップページ | ツイッター風に~つれづれなるままに~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

横藤です。
野中先生、さっそくお読みになったのですね。
私は以前から、脳の発達と学級崩壊に着目しており、かつてそれについて書いたことがあります。

「アメリカの神経学者ポール・マクリーンは、人間の脳を3つに分け、脳幹部を「爬虫類の脳」、その外の古皮質部分を「哺乳類の脳」、新皮質部分を「人間脳」とした。私は、この説をより所にして学級崩壊を考える。学級崩壊に結びつく問題行動は、子供たちのどの段階の脳のなせる業なのか、それをどうしたら豊かな人間脳に導けるかと考えるのだ。」(『ぶらっしゅ・あっぷ指導力』2008年4月号)

しかし、そのことをデータを伴って書いた本との出合いは、私の場合はこの本が最初でした。また、「ゼロ・トレランス」の壮大な実験の結果を知ったのも、この本からでした。

ただし、私はデータや医学的な根拠は大いに参考にしつつも、この本に100%の賛同はできません。
教師である私は、「教育には手遅れはない」という一点だけは死守したいと思うからです。

投稿: 横藤雅人 | 2010年7月29日 (木) 18時24分

野中先生、ご無沙汰しています。過日は山陰にもお出でになったとのこと、我が県にも是非お出でいただきたいです。
 さて、横藤先生ご紹介の本、私も読みました。今年読んだ中で一番衝撃的でした。ここ数年担任している子どもの中には、私自身どう対応してよいのか迷う子どもが必ずいます。社会性が丸でない子どももいます。成功体験や、スモールステップでの指導を考えて取り組んでいるのですが、なかなか大きな変容がみられず、毎年落ち込みます。この本のことが全て本当だという風には捉えられません。私たち教師の営みを徒労と捉えてしまうことになります。しかし、このような捉えも必要なのだとは思います。いろいろな考え方をもっと学校教育や育児の世界に持ち込む必要はあると思います。また、学ばせてください。

投稿: hase | 2010年8月 8日 (日) 19時44分

hase先生のコメントを読みまして、オススメの本をもう2冊ご紹介します。

1冊は『クラスはよみがえる』(野田俊作著・創元社.1989)です。アドラー心理学の本です。『その子育て科学的に…』と重なる部分もありますが、具体的な対処法が示されていて「救い」があります。

もう1冊は、今は絶版なのですが『あなたも息子に殺される』(小室直樹著・太陽企画出版・1982)です。大きな図書館に行けば置いてあると思います。教育荒廃の原因を、アノミー(無政府状態)に起因するものとして論じています。

今、野中先生と進めている「織物モデル~縦糸・横糸論」の着想は、『あなたも…』を読んで鮮明な像を結び、『クラスは…』に出合って見通しができました。
よろしければ、どうぞ。
また、私にも他に良い本がありましたら教えて下さい。

投稿: 横藤雅人 | 2010年8月18日 (水) 05時45分

 横藤先生、本の紹介、ありがとうございます。早速、amazonで検索して注文しました。『その子育て科学的に…』の内容については、私の学校の先生方にも紹介しようと思いまして、研修通信で8枚書き配布しました。
 今担任している子どもを少しでもいい方向に導きたいなと思います。また、よい本があれば紹介ください。
 私の方からご紹介できる本がなくて、申し訳ないです。先生も既に読まれたと思いますが、野口先生の『利他の教育実践哲学』が最近読んだ中ではぴか一でした。

投稿: HASE | 2010年8月21日 (土) 04時30分

横藤先生とhase先生からコメントをもらいながら、返事が遅れています。
 この本について、これからどのように考えていけばいいか、迷ってしまうからです。
 現場の教師たちにとっては、戸惑うばかりですね。
 私は、「困難な現場を生き抜く教師の仕事術」で、「児童変貌論ノート」を書きました。児童が主人公として登場し、扱われていく現実の姿と、何がこのようにしていったのかを追究したものです。今のところ、これについての変更はありません。
 こういう状況の中で、「子ども中心の子育て法」が出てきたことは間違いないと思います。
 でも、この子育て法を変えていくだけでは、(変えていこうとする方向に持って行くだけでも大変なことですが…)問題は変わらないように思います。もっと問題は複雑で、多岐的です。
 そこのところを今のところ考えることができません。
 ちょっと時間が必要です。
 コメントありがとうございました。
 

投稿: 野中信行 | 2010年8月31日 (火) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/49003849

この記事へのトラックバック一覧です: 問題の核心はここにあった~「その子育て科学的に間違っています」~:

« 天に意志があるとしか、思えない | トップページ | ツイッター風に~つれづれなるままに~ »