« 中1ギャップの問題について | トップページ | 最初のお楽しみ会は、私にやらせてください! »

 保健室登校しているAさんのその後

 保健室登校しているAさんのその後について報告しておきたい。
 6月16日(水)、いつものように朝から初任者のクラスに入った。
 Aさんは、朝の会が終わる頃に、専科の先生に付き添われて、教室へ入ってくる。
 他の子供はなにごともないように振る舞っている。
 Aさんも、なにごともないように授業に参加している。
 ときどき、隣の子と話したり、前の男の子と話している。
 笑い顔も見える。
 慣れてきているのだ。
 ★
 給食の時間に、Aさんの隣に行く。給食に参加できるようになったのは、14日(月)かららしい。
 「Aさん、あなたにあだなをつけたいけど、○ちゃんでいい?」
と言って、みんなにつけたあだなを見せてあげた。
「いやだ!」
「いいじゃない!これぐらい」
「いやだ!」
「じゃあ、どういうあだながいいの?」
と聞くと、あだなを書いた座席表に2つのあだなを書いてくれた。
 もう自分から話しかけられるようにもなっていた。
 ★
 その日、一日中教室にいて、終わりの会も参加して、帰っていった。
 朝の会だけが参加できないのである。
 朝、教室へ一人で行くことに抵抗がある。それをどうしたらいいか。
 初任の先生と、これからの対処を話した。
 もう待っているだけでなく、こちらからどんどん手を打っていけばいい。
 朝、保健室にいるAさんを迎えに行く子供が行くがそれでいいか、とAさんに聞いてみればいい。承諾したら、そのような措置を取ればいい、と。
 ★
 3ヶ月で、ここまでよくきたものである。
 児童指導主任を中心とする徹底した学校ぐるみの体制が、効果をあげている。
 受け入れていく学級の子供たちも、とてもいい。
 初任者のがんばりも、すばらしい。
 すでに、学級を<群れ>の状態から<集団>の状態に引き上げていっている。
 
 
 
 

|
|

« 中1ギャップの問題について | トップページ | 最初のお楽しみ会は、私にやらせてください! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/48660690

この記事へのトラックバック一覧です:  保健室登校しているAさんのその後:

« 中1ギャップの問題について | トップページ | 最初のお楽しみ会は、私にやらせてください! »