«  給食を食べるのが遅い子どもをどうしたか? | トップページ |  あわただしく日々が流れていく »

初任の時の子供達の同窓会に参加しました

 同窓会に参加する。
 初任の時の子供たちである。
 これはぜひとも参加せねばならない。
 50歳になるという。それを記念して、集まることになったのである。
 もう50歳になるのだ。
 初めてのクラスは、男子13名、女子12名 計25名のクラスであった。
 出かけるとき、一人一人の名前を手帳に書く。
 まだ覚えている。当時の一人一人の顔が浮かび出てくる。
 ★
 同窓会が苦手である。
 私は、新設高校の第1回の卒業生で、第1回の同窓会長をしていた。
 だから、同窓会にはずいぶんと出たことになる。
 しかし、どうしても馴染めなかった。
 性格が、片寄っていたからであろう。
 思い出話にふけるということが苦手であった。(もちろん、楽しいけれど)
 私たちの世代になると、同窓会が盛んに行われる。
 だが、ほとんど不参加になる。
 今、過去の人たちと会うのは、高校時代の数人の人たちだけである。
 夫婦で会う。
 過去の話は、ほとんどしない。
 今の話とこれからの話である。
 ★
 初任のクラス。11名の参加があった。
 あの当時の面影を残しながら、やはり39年の歳月を過ごしてきていた。
 笑いに包まれた。
 ゴルフのレッスンプロをしているH君の話題に引き込まれる。
 ほとんどがセクハラにひっかかる話題である。でも、それはそれ。みんなわあわあ笑ってすます。
 私は、当時出していた学級通信を持って行く。
 彼等から色紙と贈り物をもらう。
 色紙には、「長い間、お疲れ様でした」と書いてあった。
 帰りの車中で、みんなのあの頃の笑顔が思い出されて、37年間の教師生活の長さを振り返った。
 
 

|
|

«  給食を食べるのが遅い子どもをどうしたか? | トップページ |  あわただしく日々が流れていく »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/48504792

この記事へのトラックバック一覧です: 初任の時の子供達の同窓会に参加しました:

«  給食を食べるのが遅い子どもをどうしたか? | トップページ |  あわただしく日々が流れていく »