« 初任者は、順調に船出。 | トップページ | 業務連絡です »

さまざまな本をいただいて

  教育技術3年生の5/6月号に、私が登場している。

 といっても、たいしたことではない。

 「教師の人生設計 ホンネ白書趣味編」に登場している。

 50歳の時、河口湖のフルマラソンを走っていた姿がうつっている。

 今は、レースには出ていない。

 だが、毎日15000歩を確実にこなしているので、すぐにでも走り出すことはできる。

 

 長瀬拓也先生から2冊の本を送ってもらった。

 一冊目は「教師になるには」(一ツ橋書店)。二冊目は、「教師のための整理術」(黎明書房)。

 まだ、20代の若者であるが、瞬く間に4冊の本を出している。

 「教師になるには」は、教員採用試験シリーズとして出版されている。

 現場の教師が、教師になるためのノウハウを具体的に書いたものとして、とても参考になるであろう。

 教師になりたい人は、ぜひ手に入れてほしい。

 「教師のための整理術」は、私が以前から主張してきた仕組み(システム)についてまとめてある。

 長瀬先生の20代最後の仕事になるのであろうか。

 20代で仕組み術を身につけるということ。

 これは私の20代の頃を思い出せば、想像できない世界である。

 長瀬先生には、先日京都で会った。その時、学級通信をもらった。

 日刊である。これもすごいものである。

 ちゃんと寝ているのであろうかと思わせるぐらいに健筆である。

 長瀬先生のこれからの健闘を祈るばかりだ。

 ★

 新潟の十日町立東小学校の庭野三省校長先生から「百冊の本」第16巻を送ってもらった。

 扉の言葉には、次のように書いてある。

「千五百冊を達した第十五巻の後も、この愚直な読書記録集は続いた。年間に百冊分の読書記録を書き残すことは、すっかり私の習慣になった。

 私には誰もが羨むようなきらびやかな才能はない。ただ一つ決めたことは、やり続けようとする意志だけはあるようだ。

 一日一万歩以上歩こうと決めたら、飲んだ日も雪の日も歩き続けた。その意志を支えてくれたのが、この『百冊の本』の実践かもしれない。

 才能がなくても、人は何かを続けていれば、究めることができる。その一つの証左が、この『百冊の本』である」

 どんなに才能があっても、続ける力がないために潰れていった人を何人も見てきた。

 大切なのは、才能なんかではなくて、続ける力があるかどうかなのだ。

 1年間に100冊を読むことは可能だ。

 といっても大変なことだが…。

 庭野先生がすごいのは、その感想をこのように書き続けていける力である。

 自分に当てはめて考えれば、一目瞭然。

 そんなことができるはずはないのだ。

 1600冊になっている。

 16年間も続けられてこられた。

 北陸新潟の巨人である。

  

 

|
|

« 初任者は、順調に船出。 | トップページ | 業務連絡です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/48101054

この記事へのトラックバック一覧です: さまざまな本をいただいて:

« 初任者は、順調に船出。 | トップページ | 業務連絡です »