« 業務連絡「明日の教室」~「味噌汁・ご飯」授業を提起する~ | トップページ |  業務連絡です »

なぜクラスじゅうが理科に夢中なのか 全部見せます小5理科授業」

 大前暁政先生から、「なぜクラスじゅうが理科に夢中なのか 小5理科授業」を(教育出版)送ってもらった。

 読み始めたら、驚いた。

「これだよ、これ。私が最終的にねらう『味噌汁・ご飯』授業は、これだよ」と呟く。

 全ての授業が、載せてある。

 例えば、1「雲と天気の変化」には、6時間授業として次の項目がある。

 第1時 (習得)いろいろな種類の雲も知る

 第2時 (習得)雲の量や種類によって天気が変化することを知る

 第3時 (習得)雲の有無によって天気が変化することを知る

 第4時 (習得)雲の動きによって天気が変化することを知る

 第5時 (活用)雲の動きを予想して天気の予報を行う

 第6時 (活用)天気の変化のまとめを行う

 ★

 まえがきは、こう記してある。ちょっと長いが参考になる。

「本書では、次の点を意識して授業を行っている。

 1 基本的な知識と技能の『習得』

 2 習得した知識と技能の『活用』

 3 子どもの疑問を解決する『探求』

 『習得』の授業では、『教えて考えさせる』授業を展開している。考えても答えようのない問題を、子どもに尋ねてもしかたない。

 例えば、次の質問がある。

 『花はどうやって実をつくるのか?』

 答えは、『おしべから飛んできた花粉が、めしべの先について、花粉管が伸びて、受精したから』らしい。これを子どもに考えさせてもしかたがない。知らないものは答えようがない。

 思考によって解決できない問題は、問うべきではない。教えるべきだ。教えることを躊躇してはならない。

 基本的な知識と技能を確実に習得させてこそ、その先の活用はある」

 そして、「活用」も、次のように記してある。

「『活用』の授業では、習得した知識と技能を使う場面を用意している。習得した知識や技能を活用して、問題を解く経験をさせる。知識と技能を活用したら問題が解けた、という経験をさせるから、次も活用しようという意欲をもたせることができる。

 では、活用場面を、いつ設定すればよいのか。単元において習得した知識や技能は、その単元において活用させるべきだ。

 例えば、『もののとけ方』では、まず食塩を溶かして、『食塩が水に溶ける性質』を調べていく。次に、ホウ酸で調べる。食塩でやった実験を、そのままホウ酸でも行っていく。食塩の実験で習得した知識や、実験技能を活用することができる」

 新しい指導要領での「習得」「活用」が、このように展開されている。

 ★

 「私が最終的にねらう『味噌汁・ご飯』授業」と書いた。

 このような授業は、最初からはできない。

 しかし、理科の授業システムをつかんだら、きっと可能になる。

 私は、早速アマゾンで、「なぜクラスじゅうが理科を好きなのか 小3理科授業」(教育出版)「理科の授業が楽しくなる本」(教育出版)を注文する。

 大前先生は、1977年生まれ。33歳になられたのであろう。おそるべき存在である。 

 

|
|

« 業務連絡「明日の教室」~「味噌汁・ご飯」授業を提起する~ | トップページ |  業務連絡です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
私は、北海道に採用され先生の実践を参考にさせていただきたいと思い、著書を読んでこのブログのことも知りました。横浜の研修にも参加したかったのですが、ばたばたと日が過ぎていき、焦っています。
初任者一週間のシナリオや縦糸横糸理論の詳細を送付していただけると知り、コメントさせていただきました。8日が始業式です。急なお願いで大変申し訳ありません。送っていただけるととても心強くうれしく思います。よろしくお願いします。

投稿: mike | 2010年4月 5日 (月) 19時30分

 mikeさん、野中です。
 送りますが、どこに送っていいか分かりませんので、私にメールをください。

 kazenifukarete*hkg.odn.ne.jp (*のところに@を入れてください)

投稿: 野中信行 | 2010年4月 5日 (月) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/48004585

この記事へのトラックバック一覧です: なぜクラスじゅうが理科に夢中なのか 全部見せます小5理科授業」:

« 業務連絡「明日の教室」~「味噌汁・ご飯」授業を提起する~ | トップページ |  業務連絡です »