«  業務連絡「横浜野口塾」近づきました | トップページ | 素晴らしい時はやがて去りゆき今は別れを惜しみながら »

あわただしく月日は、去っていく

  23日は、新しい初任者指導のM小学校への面接。24日は、派遣校でのお別れ。25日は、本務校でのお別れ。

 あわただしく月日は、過ぎていく。

 27日(土)は、野口塾。29日(月)は、愛知県K市での初任研。4月1日は、横浜大鳥小での講座。4月2日は、東京O区での初任研。

 立て続けに、講演。これも忙しい。

 春は、季節の替わりと同じように、あわただしく別れと出会いを続ける。

 ★

 25日の1年生のクラスとの別れ。

 子どもたちが、私とのお別れ会を開いてくれた。

 オルガンをひいてくれたり、こまの綱渡りをしてくれたり、…子どもたちは、それぞれに別れを演じてくれた。

 最後に、作文集が渡された。

 「のなか先生、5年生になっても、6年生になっても、中学生になっても、のなか先生のことわすれないよ」

 毎週水曜日に一日、このクラスにいた。

 何時間かの授業をしたが、それよりもこまを回したり、おしゃべりをしたりの日々が楽しかった。

 ほとんどの子どもをあだなで呼んだので、私も「のなちゃん」と呼ばれた。

 「縦糸」で、言葉遣いにうるさい私だが、まあそのままにしておいた。

 教室へ行くと、すぐに、

「のなちゃん、今日の給食はどこで食べるの?」

と聞いてくる。私が、いつも変なことを言うから、それが大好きなのだ。

 ★

 お別れ会が終わって、みんなと握手して、教室を去っていくと、4,5人のやんちゃな子たちが、ずっとつきまとって追いかけてきた。

 べたべたと1年間くっついていた子達である。

 さようなら。別れは、いつも突然である。

 

 

 

|
|

«  業務連絡「横浜野口塾」近づきました | トップページ | 素晴らしい時はやがて去りゆき今は別れを惜しみながら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/47912282

この記事へのトラックバック一覧です: あわただしく月日は、去っていく:

«  業務連絡「横浜野口塾」近づきました | トップページ | 素晴らしい時はやがて去りゆき今は別れを惜しみながら »