« これは始まりである | トップページ | 業務連絡 「初任者・1週間シナリオ」送付について »

「思いっきり笑える 爆笑クラスの作り方12ヶ月」を薦めます

 山口の中村健一さんから本が送られてきた。

 「思いっきり笑える 爆笑クラスの作り方12ヶ月」(黎明書房)である。

 中村さんの編著になっていて、10人の人が執筆者である。

 その執筆者を見ると、中村さんを加えて、飯村友和さん、志満津征子さん、藤原なつ美さん、松森靖行さんがいる。全部、知り合いである。

 前書きのところで、中村さんは、次のように書いている。

「…しかし、今どきの子どもたちは、厳しいだけではうまくいきません。厳しいだけの指導では、子どもたちの反感を買い、離れていってしまう可能性も高いでしょう。

 そこで、『お笑い』です。厳しい指導にちょっとしたユーモアを組み合わせることが、今どきの子どもたちには有効なのだと考えています。

 片手に厳しさを、片手にユーモアを!

 『厳しさ』と『お笑い』、この両方が備わってこそ、安定した学級経営ができるのです。

 私が尊敬する野中信行氏は、『縦糸・横糸論』を提唱されています。

 『縦糸』は、教師と子供の縦のつながりです。きちんとしたルールを作り、それに従わせる。当たり前のことは当たり前にさせる。これは、とっても大事なことです。

 『横糸』は、教師と子どもの横のつながりです。教師が子どもと個別に『2人だけの物語』を作ることが大切です。また、教室をのびのびした雰囲気の『安心感』のある場所にすることも『横糸』の役割です。

 この『縦糸』『横糸』両方が張れて、初めて安定した学級経営が成り立つのだと思います。

 本書で紹介しているユニークな取り組みで、教室に『安心感』を生み出すことができると確信します。本書は、野中氏の言う『横糸』を張る方法の1つなのです。

 本書を使って『横糸』を張りましょう!ただし、『縦糸』を張ることを忘れずに!」

 ★

 横藤先生と私が、提唱している「縦糸・横糸」の考え方で、「横糸」を張る本だと紹介されている。

 1冊目の本「子どもも先生も思いっきり笑える73のネタ大放出!」(黎明書房)を私は、とても評価した。

 中村さんは、自分の主戦場をよく分かっていて、そこで存分に戦っている。

 この本は、笑いを作り出すことが苦手な先生への応援歌になっていることである。

 笑いを作り出すことは、特に若い先生方が苦手である。

 女性の先生方も苦手である。

 そこで、中村さんは、そんな先生達にこうすればいいと指南している。

 私は、この本に載っている中村先生おすすめのネタを、愛知県小牧市の初任研も、東京大田区の初任研でも、初任の先生達にやってもらった。

 小牧市では、教育長自ら挑戦された。

 緊張していた初任者も、このネタでずいぶんと表情が和らいだのである。

 子供達に迫るには、真面目なことだけではだめだ。

 こういう笑いがとても必要になる。

 

 

 

 

 

|

« これは始まりである | トップページ | 業務連絡 「初任者・1週間シナリオ」送付について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「思いっきり笑える 爆笑クラスの作り方12ヶ月」を薦めます:

« これは始まりである | トップページ | 業務連絡 「初任者・1週間シナリオ」送付について »