« 「困難な現場を生き抜く教師の仕事術」の再版について | トップページ | 数え切れないほど沢山の 平凡なことがあった »

また、再版のことについて

   「困難な現場を生き抜く教師の仕事術」(学事出版)の再版について、前回のブログで書いた。

 北海道の石川晋さんが、このことを次のようにブログで書いてくれていた。

 野中信行さんの『「困難な現場を生き抜く教師の仕事術』再販

 
 野中さんが、自費で! 「困難な現場を生き抜く教師の仕事術」を再販するという。

 その後野中さんの本は次々と出たけれど、この本が、堀裕嗣さんとぼくと野中さんとを引き合わせた本であり、北海道の仲間と野中さんを引き合わせた本である。

 野中さん自身の人生を変えることになった一冊でもある。

 読んでいない方、この機会に手に取ってほしい。
 限定300冊である。

http://nonobu.way-nifty.com/blog/2010/01/post-9956.html

 野中さんは、ぼくと堀さんとが今年展開する二人会のゲストとして、北海道(札幌)にも5月16日に来られる。

 二人会の案内はまた改めてするが、他にも、桃崎さん、上條さん、池田修さんと、そうそうたるゲストをお呼びすることになる。
 ★
 石川晋さんが言われるとおり、まさに私の人生を変えた本である。
 5月16日(日)には、確かに堀裕嗣さんと石川晋さんの「ふたり会」にゲストで招かれることになっている。
 テーマが、「<3・7・30の法則><味噌汁・ご飯授業>」~日常実践を充実させる視点~である。
 学級経営と授業を、日常実践という観点から徹底的に話し込もうという試みである。
 よくこんな企画を思いつくものである。
 
 わくわくする企画であるが、提案する側にとっては、しんどいものだ。
 ★
 石川晋さんのブログでは、今回の本、300部限定になっているが、200部である。
 反響が大きく、いつ出るのか、注文はどこにしたらいいのか、という問い合わせが来た。
 学事に確認をしたら、2月5日になる予定である。
 また、注文は、学事の方へしてもらった方が一番はやく手元に着くらしい。
 よろしくお願いします。
 http://www.gakuji.co.jp/howto.html

|
|

« 「困難な現場を生き抜く教師の仕事術」の再版について | トップページ | 数え切れないほど沢山の 平凡なことがあった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先生、200部では足りないですf(^^;。桁が二つぐらい違うと思います。

投稿: 池田修 | 2010年1月29日 (金) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/47419420

この記事へのトラックバック一覧です: また、再版のことについて:

« 「困難な現場を生き抜く教師の仕事術」の再版について | トップページ | 数え切れないほど沢山の 平凡なことがあった »