« 小中高生の暴力 6万件 過去最高 | トップページ | 小学校の現状をしっかりと把握する »

つれづれなるままに(2)

  明日(金曜日)、横藤雅人先生と会う。

 ネット研のオフ会である。全部で、8人。久しぶりの大人数で会う。

 私は、「味噌汁・ご飯」授業のまとめを持っていきたいと思っている。

 オフ会の後に、横藤先生と「縦糸・横糸」についての打ち合わせがある。

 もっと広く訴えていくことになるであろう。

 ★

 月曜日(7日)は、兵庫県のM市へ行く。

 M市の教育センターのK指導主事から仕事術についての講演依頼である。

 M市では「多忙を克服する仕事術」をテーマとした重点研究をしている学校がいくつかあるということで、それについて語ってほしいという依頼である。

 新幹線で2時間半かかる。

 また、その日に帰ってくるので、かなりの強行軍である。

 次の日は、出勤なのだ。

 テーマは、おもしろい。

 私にとって、もってこいのテーマではないか。

 ★

 びっくりした。

 「おい、おい、そんなあ」と、つい呟いてしまった。

 愛知県の小牧市の副島教育長が12月24日をもって辞められることを表明されている。

 新聞には、載ったらしい。

 http://www.komaki-aic.ed.jp/kyouikuiindayori/H21/iindayori257.htm

 私は、このホームページで書かれる教育長の文章の愛読者であった。

 時には、びっくりする情報をもらえることがあった。

 ここで紹介される本は、ほとんどアマゾンで頼んで読んだ。

 忙しい身なのに、どうしてそんなに早く本を読まれるのか、一度尋ねたこともあった。

 小牧市の教育を確実に大きく変えられた。

 大分で教職員賄賂事件が起きたとき、読売の取材に答えたことがある。

「地位を上にあげていくことは、名誉心や金儲けのためではない。現実を変えるためである。彼らはこのことを誤解している」

 そのことは、記事にはならなかったが、そのとき、私が思い浮かべていたのは副島教育長のことであった。

 これから続編が書かれる。

 どんなことが書かれるのか、ぜひとも注目していきたい。

 私は、来年の3月29日に、小牧市の初任者研究会に出かけることに決まっている。

 また、教育長と会えるのを楽しみにしていたのである。

 今年いっぱいで教育長の文章を読めなくなるというのは、なんとも寂しいことである。

 

|
|

« 小中高生の暴力 6万件 過去最高 | トップページ | 小学校の現状をしっかりと把握する »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 すばらしいオフ会ありがとうございました。ネット研のメールでも書かせていただきましたが、野中さんから提案のあった、「味噌汁・御飯」の授業、とても大事な視点だと思います。日常の授業ができないのに、研究となると「授業で語ろう」というのはおかしいと思っています。
 人事評価で授業観察をすることがあります。その授業は一生懸命教材研究していいところを見せようとする先生がいます。
(これは私の学校だけかもしれませんが・・・)
とはいっても、その中で日常の姿が出てしまいます。
ですから日常の授業がいかに大事か、日常の子どもたちへの関わりが大事か。
今回の野中先生の提案、日本の教育界を揺り動かす大事な大事な視点だと思いました。

投稿: よしドン | 2009年12月 6日 (日) 10時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/46928552

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに(2):

« 小中高生の暴力 6万件 過去最高 | トップページ | 小学校の現状をしっかりと把握する »