« 教材研究の仕方が分かっていないのではないか | トップページ | 副島教育長の退任 »

野口塾で、横藤先生が、講座を持たれます

   北海道の羊ヶ丘小学校の校長をされている横藤雅人先生が、相模原の野口塾に申し込まれた。そのようにメールが私に来た。

 横藤先生は、「縦糸・横糸」(織物モデルの教育論)の提唱者である。

 「縦糸・横糸を野口先生がどのように評されるのか、ぜひとも聞いてみたい」

ということ。

 実は、野口塾で私がその提案をすることになっていたのである。

 そういうことならば、ぜひとも提唱者に、提案してもらった方がいい。

 事務局の方と話し合い、また、横藤先生にも承諾してもらい、横藤先生が提案することになった。

 そこで、相模原の野口塾は、野口先生と横藤先生と私(「味噌汁・ご飯」授業の提案)の3人が提案することになった。

 実におもしろくなったのである。

 近くの方はぜひとも参加いただきたい。

 概要については、もう一度貼り付けをしておきたい。

 

第76回野口塾in相模原 [2009年11月20日(金) ]




 ~~~ ~~~

第76回 授業道場「野口塾」in 相模原

 国語授業の名人、野口芳宏先生をお迎えしての一日講座です。

 みなさん奮ってご参加ください。ともに学びあいましょう。
 お待ちしております。


1 期日  平成22年1月16日(土) 9:50〜16:50

2 会場  JR橋本駅前ソレイユ相模原(サティ内)
       http://www.soleilsagami.jp/access/index.html

3 交通  JR横浜線・京王線 橋本駅北口駅前
       「国道16号線」より橋本駅方面

4 参加費 4000円(学生2000円) *当日支払い
        
5 定員  60名  

6 当日の内容 
 9:30〜 受付
 9:50〜10:50 第1講座 野口芳宏先生
          「国語学力はこのように形成する(1)」
          (教材『広い言葉、せまい言葉』)
11:00〜11:50 第2講座 野中信行先生
          「野中流『味噌汁、ご飯』の授業
          〜基礎基本10か条を身につけた授業〜」
12:50〜13:20 地元教師の実践発表(1)
          地元教師の実践発表(2)
13:20〜14:20 第3講座
         「国語学力はこのように形成する(2)」 
         (教材『あとかくしの雪』)
14:30〜15:10 第4講座 横藤雅人先生 
         「『縦糸・横糸』で織りなす学級経営術」    
15:20〜16:10 第5講座 野口芳宏先生 
         「児童・保護者への向き合い方」
16:10〜 交流会「今日の学びを振り返って」

◇時間、内容等は変更になる場合がございます。ご了承ください。
◇講座終了後、野口先生を囲んでの懇親会を予定しております。
 奮ってご参加ください。 (JR橋本駅周辺、4000円程度を予定)
◇昼食は各自ご用意ください。
 会場ビル内および駅周辺に飲食店は多数ございます。

○申込先(お問い合わせもどうぞ) 〆切:平成22年1月8日(金)
 Eメール naoyaismme.com (半角に換えて送信下さい)
 (野口塾相模原事務局  五十嵐 直也)
 
☆いずれも下記事項をご記入ください☆
-------------------------------------------------
件  名:野口塾in相模原
記入事項:1 お名前          
     2 勤務先or学校名
     3 Eメールアドレス     
     4 懇親会への参加・不参加
-------------------------------------------------
※横藤先生の提案時間は、10分程度延びる予定である。
 明治図書から出している「新卒教師時代を生き抜く心得術60」が、8版になった。
 うれしいことである。
 愛知の一宮市や小牧市では、新卒教師全員に、この本を配布しているということらしい。
 ありがたいことである。感謝したい。
  ★
 24日のクリスマスイブの日。
 今年最後の勤務日。
 派遣校であるK校で、研修として私が講師を務めた。頼まれたものである。
 テーマは、「学級経営を成功させるポイント」。
 「縦糸・横糸」「3・7・30の法則」の話をする。
 「クリスマスイブの日に、浮き足立っている先生もおられる中で、ちょっと暗い話をするのは気が引けますが……」と…。
 熱心に聞いてもらえた。
 校長先生を中心に、見事な連携が取れている、素晴らしい学校である。
 あと3ヶ月。
 少しでもお役に立ちたいと願っている。
 
 

|
|

« 教材研究の仕方が分かっていないのではないか | トップページ | 副島教育長の退任 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/47112489

この記事へのトラックバック一覧です: 野口塾で、横藤先生が、講座を持たれます:

« 教材研究の仕方が分かっていないのではないか | トップページ | 副島教育長の退任 »