« 結婚は、してもしなくてもいい 70% | トップページ | 「なぜ、こういう生活ができたか?」 »

感心した「学級通信」

  京都の「明日の教室」でお会いした先生。

 今年、大学を卒業して、臨任で少人数学級の担当であった。2学期から、産休の先生の代わりに2年生の担任をすることになった。

 あれは、11月の頃であったか、初めてのクラス懇談会でどのように進めたらいいのか、相談を受けた。

 私は、こんなプログラムで行えばいいと連絡し、そのポイントを教えたのだと記憶する。

 その先生から、懇談会はうまくいったという連絡を受けていた。

 昨日、その懇談会の様子を学級通信にしたものを送ってもらった。

 それを読みながら、感心してしまった。

 担任経験がまったくない、9月から担任を持ったばかりの先生が、このようなことを書けるとはたいしたものである。

 校長からは、褒められたらしい。

 その先生に断って、その通信をここに掲載することにした。

 このブログを読んでいる若い先生方にとても参考になるのだと思う。

 ★

 

小さなことから

 コツコツと。

            

            学級懇談会を終えて

早いもので,もう12月です。1年の締めくくりの月となりました。

遅くなりましたが11月の学級懇談会にお忙しい中お越しいただきありがとうございました。懇談会は,以下のような流れで進めていきました。内容を紹介させていただきます。

1,自己紹介

○担任・・ この春○○大学教育学部を卒業しました。1学期の間は,○○小学校で少人数指導等を担当させていただいていました。私が2-1の担任と聞いた時は,心臓がとびでるほど驚き,嬉しく思いました。そして,1学期とは違う担任としての責任と仕事の量にまた心臓がとびでるかと思う毎日を過ごしています。しかし,子ども達と過ごす日々は,とても楽しく充実しています。素直でかわいい2-1の子ども達の担任をさせていただき,本当に幸せです。私にとって,担任としての初めての子ども達です。この先,何百人の子ども達と過ごすことになりますが,今年1年が私の教師生活の軸となり,そして,生涯で忘れられない1年になると思います。力が及ばず,ご迷惑をおかけすることも多いと思いますが,一生懸命頑張りますので,どうぞよろしくお願いします。

○保護者の皆様・・お子さんのよいところを3つ入れて,自己紹介をしていただきました。その後,子ども達が書いた自分のよいところとメッセージをお渡ししました。さすが,お母様方!子ども達の意見とピッタリでした。子ども達全員分のメッセージを用意しています。個人懇談の際にお渡ししたいと思います。

2,今のクラスの状態~子ども達と3ヶ月を過ごして~

 2-1のよいところを3つ紹介します。1つ目は,大きな声で,元気よく歌を歌うところです。VTRを用意していますので,○○日(土)のPTA行事の際にお見せできればなと思います。2つ目は,授業の開始時刻を守るところです。9・10月は,タイム当番のAくん,Bくん,Cくんがタイマーをセットしてくれていました。11月からは,タイマーを使わず,タイム当番の人たちが,自分達で時間を見て「時間になります。席につきましょう。」と呼びかけてくれます。そのおかげで,授業の開始がとてもスムーズになりました。3学期は,全員が,自分達で時間を見て行動できるようにしていきたいです。3つ目は,掃除を一生懸命頑張るところです。2-1の子ども達は,教室の入り口や廊下のかべ,階段の細部まで掃除を一生懸命しています。Dくんが,細部の汚れに気づき掃除しはじめてくれたおかげで,今ではみんなが頑張ってくれています。

3,学級経営方針について

 ○指導で大切にしていること・・「教師の言葉を必ず聞かせる」ことです。たとえば,子ども達の前で話をする時,「話をします。こちらを見ましょう。」と言います。そう言ったからには,必ず全員が教師の方を向くようにさせます。中には,友だちとおしゃべりをしていて話を聞いていない子もいます。そういう時は,注意して全員に徹底させることを意識しています。もし,ここで放っておいたら,子どもに「先生の言うことを聞かなくてもいいのだ。」ということを教えてしまうことになります。なので,言ったからには,全員に徹底させることを常に意識しています。最近では,子ども達同士で教え合えるようになり,私が注意する回数がぐんと減りました。

○授業で大切にしていること・・算数では,ノートを広々と使うこと,ものさしを使って線を引くことを徹底しています。漢字の学習では,「指書き→空書き→なぞり書き」をしています。この様子も12日に,VTRをお見せできればと思います。2-1は,とても丁寧に漢字を書くこと子が多いです。私よりも,整った形を書く子が多いです。なので,私も漢字ドリルを見ながら練習する日々です・・・。

4,ご家庭でお願いしたいこと

 1つ目は,学習のお手伝いです。算数で「かけ算九九」の学習をしています。すぐに覚えられる子もいますが,どうしても覚えることに時間がかかる子もいます。授業でも一生懸命教えていますが,ご家庭でも「九九カード」を使いながら,覚えるためのお手伝いをしていただけるとありがたく思います。2つ目は,ものさしの確認です。授業ではものさしを使って線を引くことを指導しています。多くの子がものさしを持ってきていますが,忘れてくる子もいます。教室でもものさしを用意していますが,子ども達は自分のものさしが使いやすくてよいと思います。もう一度,ものさしの確認をしていただけるとありがたく思います。

 

5,今後の行事予定について

 12月には個人懇談,2月には二中校区学校一日公開日,3月には6年生を送る会が予定されています。1日1日を大切にして,子ども達と過ごしていきたいと思います。

6,質疑・応答等

 ここでは,お子さんの家での様子などで盛り上がりました。

「教師になって5年間は・・・」

学生の頃,お世話になっていた先生から,「教師になって5年間は借金生活だぞ。」と言われました。私がその言葉に不思議そうにしていると,その先生は「まだまだ力が足りない5年間は,子どもに申し訳ないという気持ちを持つことが大切だ。これから出会う子ども達が君の先生だ。」と教えてくれました。1年目の私にとって,すべてが初めてのことばかりです。そのような私に,2-1の子ども達は,いろいろなことを教えてくれます。子ども達に気付かされたこと,教えてもらったことを,これから出会う何百人の子ども達に必ず,返していきたいと思います。親にしかできないこと,教師にしかできないことがあります。立場は違いますが,子ども達のために協力し合っていきたいたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いします。

どうであろうか。

保護者へ伝えることが適切に書かれていることが分かるであろう。

来年の採用試験には、ぜひとも合格し、先生の道を突き進んでほしいと願っている。

|
|

« 結婚は、してもしなくてもいい 70% | トップページ | 「なぜ、こういう生活ができたか?」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 野中さんが言われる通り、素晴らしい通信ですね!
 私が嫉妬してしまうぐらい、完璧な通信です。
 素晴らしい若手が育っていることを心から嬉しく思います。

 若手にとって厳しい時代ですからね。
 こういう元気な先生の通信を読ませていただくと、私も元気になります。最近元気ないので。
 と同時に、辛い環境に置かれている若手にも元気になって欲しいです。

 若手のみなさんを応援しています。がんばれ!

                中村ケニチ

投稿: 中村ケニチ | 2009年12月13日 (日) 20時10分

野中先生こんにちは。

早速、コピーしてうちの若手に渡しました。

教師としての立ち位置(哲学)がしっかりしている先生だなと感じました。

投稿: J.SASE | 2009年12月14日 (月) 13時46分

野中先生、懇談会や所見等お世話になりました。これで、今年が無事に乗り切れそうです。

初めて学級通信を意識したのは、今年の3月でした。大学の卒業を目前にした3月の島根講座で、年間300を超えるケニチ先生の通信を見させていただいた時です。驚きと同時に、通信の大切さを教えていただきました。ありがとうございます。

野中先生に初めてお会いした明日の教室で、来年またお会いできるのを楽しみにしています。

投稿: 鳥取ken☆ | 2009年12月14日 (月) 20時00分

そんな出会いを作り出せた、明日の教室を主催することができて、とても嬉しく思っています。

来年の予定は以下の通りです。

2010年 研究会の予定

1/30(土) 土作彰氏 



2/13(土) 岡山洋一氏 ファシリテーション入門 



3/13(土) 石川晋氏

4/24(土) 野中信行氏 提案「味噌汁・ご飯」の授業

良かったらあれこれお越し下さい。
詳しくは、http://ikedaosamu.cocolog-nifty.com/kokugogakkyuu/
に載ります。

投稿: 池田修 | 2009年12月17日 (木) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/47008888

この記事へのトラックバック一覧です: 感心した「学級通信」:

« 結婚は、してもしなくてもいい 70% | トップページ | 「なぜ、こういう生活ができたか?」 »