« 「仕組み化」ということ | トップページ | 先生の話をBGM感覚で受け取っているようだ »

野中先生だって、ぼくをしかるみぶんじゃないと思う

   部屋の片付けをしていたら、昔の学級通信が出てきた。

 といっても、1972.6.26発行であるから、教師になって2年目の通信である。

 6年生の担任をしていた。5年生からの持ち上がりである。

 表題が、「野中先生だって ぼくをしかるみぶんじゃないと思う」としてある。

 「おおっ」と思い、早速読んでみた。

 すっかり忘れていた。「あった、あった。こんなことがあったのだ」

 今から38年前のできごとである。

 クラスでの問題をこのようにあからさまに載せるなんて、今では考えられないことである。問題の子供も、実名である。

 発端は、途中で私が授業を止めたことである。

 授業中に、おしゃべりをする子供たちがいたために、「もうやめた!」と言って、教卓の椅子に座り込んだ。

 その時のことをこのように書いている。

「ぼくは教卓のいすにすわり、黙ってみんなを眺めていました。みんなは、はじめシーンとして静まりかえりましたが、そのうちに社会科の教科書や資料を読むもの、こそこそと話し合うものと、それぞれが思い思いにごそごそとやり出しました。その時、2班のAが他の班の班長をよんで、廊下に出て何か話を始めたようです。多分、『かかる事態をいかに対処すべきか』という班長会議を始めたのでしょう」

 班長会議が機能していたのである。

 今では、授業を止めるなんて、とても考えられないことだが、当時私は、こういう手を使ったのである。

 ★

 そこからが問題である。学級通信を続ける。

「『先生、よんでください』

 とB君(実際には実名である)がノートをぼくにさし出したのです。それには次のように書いてありました。

 『 学校でのこと

  ある日、野中先生がじぎょうをやめた。もう2,3こういうことがある。ぼくは、こいうことがあるとなんとなくやなかんじだ。

  ぼくにとって、野中先生はいい人だが、やっぱりけいけんがないのか、すぐ、じぎょうをやめる。先生だってぼくとおなじだと思う。ぼくがいつか、学校をとびだしたことがある。(注)野中先生だって、ぼくをしかるみぶんじゃないと思う。

  先生におねがいがある。じぎょうをほうきするようなことをしないでくれ。ぼくもしないからたのむ。どうだやくそくしてくれるか』

 注 B君は、修学旅行後、女の子のことでみんなからひやかされて、学校をとび出していったことがあります。その時、ぼくは「そんなことぐらいで、学校をとび出していくな」ということでしかったことがありました。」

 「ああっ、あった、あった、汚い字でノートにこのように書き殴ってあった」

 Bは、学校を飛び出していって、よく遊びに行く土管の中に隠れていたのであった。

 私が探し出して、うんと叱ったのである。

 同窓会の時、この土管事件は有名でみんなと笑いあったものである。

 ★

 「いやいや、若かったな」と、今では冷や汗が出ることである。

 この時代、「縦糸を張る」などということなんか、まったく考えることがなかった。

 子供達から「頼むから、授業をしてくれ」という声があったからである。

 ★

 このB君達は、もう50歳になる。最初に担任した子供達である。

 私が教師生活30年になるときは、同窓会を開いてくれた。

 B君は、卒業して農業を続けている。

 今では、B君達が出資する野菜物を集めた店がオープンしていて、私もお客の一員である。

 

 

 

|
|

« 「仕組み化」ということ | トップページ | 先生の話をBGM感覚で受け取っているようだ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/46652298

この記事へのトラックバック一覧です: 野中先生だって、ぼくをしかるみぶんじゃないと思う:

« 「仕組み化」ということ | トップページ | 先生の話をBGM感覚で受け取っているようだ »