« 希望降格で、179人。 | トップページ | 授業は、発問なのだろうか? »

 あまりにもひどい授業

  ある先生からこんなメールをいただいた。

 その先生の奥様のことである。

 数年前から、奥様は、特別の補助教員として、学校現場に入ることになったそうである。

 その奥様は、結婚するまでは数年講師として小学校の現場を経験しているということ。

 その奥様が、再度今回学校現場に入るようになって、衝撃を受けたというのである。

 ………あまりの授業のひどさにである。

 その先生が、「そんなこと分かっている」と言うと、

 奥様は、「あなたが見ているのは、研究授業とか、そういう準備された授業でしょ。私が見ているのは、普段の授業。もう、信じられない有様よ」と。

 そして、「特別支援が必要なのは、先生たちかもしれない。その先生がかわれば、特別支援対象の子供の多くは普通の教室にいられる」と。

 ★

 私は、奥様の言われることが的を射た発言であると思っている。

 先日のブログでも書いたが、新学力観が提唱された20年前から「支援、支援」と声高に叫ばれて、まともに教えない風潮が、小学校を中心に蔓延した。

 この時代は、授業の基礎基本をほとんど学ばないで、「グループ活動だ、発表会だ、紙芝居に、ぺープサート、……」と、活動、活動と叫ばれた。

 そして、その時代が終わった。

 普通の授業に戻ってきた。

 そうしたら、「あまりにもひどい授業」になっていた。

 そういうことではないか。

 ★

 「味噌汁・ご飯」授業の提案が終わった。

 次のような感想をメールでいただいた。

 昨日は刺激的なお話しをありがとうございました。

味噌汁・ご飯…

 非常にスッキリしていて分かりやすかったです。特に、指導案の形で提案され
たのが良かったです。

 本時目標は行動目標化するというのは本当にその通りだと思いました。元々法
律として運用されている要領の言葉を指導案にそっくりそのまま盛り込むことが
おかしいことだと改めて感じました。自分の言葉で語らなくてはいけませんね。
具体的案をお示し下さってありがとうございます。

 また、ポイント(つまずきやすいところ)は今まで「抽出児」とか「評価規準
に達しない児童への手だて」など色々な視点で語られてきましたが、どれもこれ
も面倒で手間ばかりかかりました。これはそのものズバリ、1行で示せるという
のが強みだと思います。というか、本来そうあるべきなのになぜそうなってこな
かったのでしょう。コロンブスの卵です。

 これらは大池や横浜では当然の指導案なのでしょうか。だとすると県下とは全
然違いますね。


 飲み会も楽しかったです。


 あまりに刺激的で、色々考えていたら興奮しすぎて日曜日なのに眠れなくなり
ました。月曜日、学校へいこう週間初日、いきなり眠くてボンヤリですが、立派
な子どもたちに助けられました。。。

 いやはや、すごいご提案でした。未だに興奮していますよ。。。なんとか現場
に還元していきたいと思っています。重ねてありがとうございました。

 提起した指導案は、大池小や横浜で使っていた指導案ではない。

 独自に、今回作り出したものだ。

 私は、このような授業を積み重ねていって、「あまりにもひどい」授業を克服していく方向を提起しなくてはならないのだと、改めて思った次第である。

 

 



 

|
|

« 希望降格で、179人。 | トップページ | 授業は、発問なのだろうか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めて読ませて頂きながら、生意気にもコメントする事をお許し下さい。
私は、「教育支援員」の職に就き3年目になります。高卒で資格は持っていません。
この3年間で4人の先生の普段着の授業に入らせて頂いています。先生は私が居るとやりにくいこともあるだろうなぁと思いますが、どのクラスでも暖かく迎えてもらっています。
今年度は3年生2クラスで1日2時限ずつ過ごします。(給食、掃除、休み時間も子どもと一緒です)
4月の始業では前年のクラスを二つに分けたごちゃ混ぜ(先生方の相当なご配慮に感謝しております)でスタートし、8ヶ月。
学年の後半になってきて感じたことがありました。
『この子隣のクラスだったらどうなっていたのかなぁ?』年度当初の転入生。とても元気で、図工、体育、虫大好き。でもすぐにプリント無くし、肩で風斬って女の子を泣かし、他の子からのクレームだらけ、おしゃべり始まると止まらない、担任からはいつも怒られてばかり・・・(笑)
私はそんな彼が面白くて、将来有望に見えて大好きなのです。
彼は、家庭環境の変化もあり自分に自信が持てないでいます。
子どもと先生との出逢いは「偶然か?宿命か?」お互いに・・・もありますが、1年間で8センチも身長が伸びていく子ども時代の貴重な時間を、私たちの時間の進み方と同じに捉えてはいけないように思えたのです。
休み時間でも掃除でも子どもはしっかりと大人の姿勢を受け取ってくれています。
職業と捉えた場合、「あ~今年は○○だった~。来年はこうしよう。」と練り直しも出来ますが、目の前にいる子供は、大人の通過点では無いと思うのです。
我が家の上の子は「ゆとり教育」時代に作られたフタコブラクダのこぶの二つ目の後ろに、いやシッポにくっついていました。親としての無責任を痛感しつつ、今自力で勉強に取り組みたくなるような、高校の先生方と出逢えて楽しい毎日を過ごしていることに心から感謝をしています。
つらつらと申し訳ありません。
これからもたくさん読ませて頂き、子どもの『きらっ!』を見逃してはいけない職業につけた緊張感と感謝を持って、毎日を彼らとの時間を共有していきたいと思います。
ありがとうございました。

投稿: ウーフ | 2009年11月19日 (木) 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/46787745

この記事へのトラックバック一覧です:  あまりにもひどい授業:

« 希望降格で、179人。 | トップページ | 授業は、発問なのだろうか? »