« 運命を分ける要素は、何だろうか | トップページ | あなたはほんの少しだけ草食系男子です »

「味噌汁、ご飯」授業の続編です

  「味噌汁、ご飯」授業の続編である。

 池田修先生が、自分のブログで「『味噌汁、ご飯』授業について、について」を書かれている。

 http://ikedaosamu.cocolog-nifty.com/kokugogakkyuu/2009/10/post-4a79.html

 その中で、次のように書かれているところがある。

「書いてみて改めて思ったことがある。『味噌汁、ご飯』授業という例えで、野中先生は、恐らく

 ・日常的で

 ・飽きることの無く

 ・栄養価が安定している

 という意味で『味噌汁、ご飯』授業を提案されているのではなかと思うと同時に、私は、『日常的で、飽きることの無く、栄養価が安定している』授業って、結構難しいぞと思ったのである」

 鋭い指摘である。

 私が、これを考えたときには、確かに「日常的で、栄養価が安定している」ことを想定していた。

 大切なのは、「栄養価(学力保障)が安定している」ということだ。

 「日常的で、栄養価が安定していない授業」なんて、誰でも、そこいらの先生達はそれこそ日常的に行っている。ジャンクフードで済まそうといている。

 ただ、むずかしいのは、「飽きることの無く」という観点だ。

 この観点を入れるとかなり高度になりそうだ。

 ★

 そのことで、親しい初任者担当の先生と話し込んだ。

 どんな要素が必要になるのか、という話である。

 話をまとめると次のようになる。

 授業をしていく箇所は決まっていることを想定する。

 まず、2段階の追求が必要になる。

 1段階目は、短時間の教材研究である。

 そこで、どのようなことを行うのか。

 2段階目は、授業をどのように進めていくかである。

 1段階目

 ①本時の目標をまず確認

 ②子供達が難しいと思うポイント(つまづきそうなところ)の確認

 ③組み立てを考える

  ・はじめー真ん中ー終わり

  ・教具は、何を使うか

  ・作業(ノート作業など)をどこに入れるか

 2段階目

 ④指示、説明をテンポ良く

  ・一時に一事の原則をきちんと使う

 ⑤個別評定を適宜に(どんどん褒めていく)

    ⑥むずかしいところは、発問で考えさせる

    ⑦机間巡視はきちんと行う

 というような話になったが、やはりむずかしい。

 1段階でも、初任者にとっては、①はできても、②や③になったらむずかしくなるであろう。こういう修練をいかに積み込んでいくかである。

 2段階は、それこそライブで見なければイメージできないところもあろう。

 しかし、それぞれ修練すれば、むずかしいことではない。

 また、飛び込みの示範授業をやって考えてみようということになった。

 どうしても必要な要素(これを抜かしたら授業にならない)を限定して絞っていくことがむずかしい。

 また、教科によっても違ってくるであろう。

 

  

 

|
|

« 運命を分ける要素は、何だろうか | トップページ | あなたはほんの少しだけ草食系男子です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/46449802

この記事へのトラックバック一覧です: 「味噌汁、ご飯」授業の続編です:

« 運命を分ける要素は、何だろうか | トップページ | あなたはほんの少しだけ草食系男子です »