« 「体への投資」を考える | トップページ | 業務連絡です »

忙しい日々を送っています

  6日が、東京M区の若手小学校先生達へ向けての学級経営講座である。

 教育工学のこの大会に、池田修先生も、中学校先生達へ向けての講座をやられるという。

 「懇親会でちょっとだけ会いましょう」とメールを交わす。

 7日は、愛知県日進市の中堅教師研修の講演である。日進市の教育を背負っておられる200名以上の先生達が集まられる。

 こういう先生達に、私に何の話ができるのか、そこが問題である。

 テーマは、「今、学校づくり、学級づくりで、大切にしていくことは何か」である。

 市民会館の大ホールしか取れなかったということで、「周りに先生達が行かないようにして、真ん中に集めますから」と。

 こんな広いところで、話をするのは初めての経験である。

 つくづくパワーポイントが使えるようになっていてよかったと思う。

 この日も、名古屋で、親しい知り合いのT先生やO先生と「久しぶりです。会いましょう」ということになり、名古屋に一泊。楽しみである。

 ★

 東京の親しいK先生からメールが来ていた。

 授業づくりネットワークの東京大会の私の講座に参加しますという連絡であった。

 東京で、社会人から教師になられて3年目である。

 教師になられるときに、私のクラスの授業訪問にこられた方である。

 1年目に、学級崩壊に会われて、教師を辞めるかどうかの瀬戸際まで行かれた。辛い、厳しい生活をされたのだと思う。

 メールでは、子供達への見方が変わったことを書かれていた。

 1つの大きな壁を乗り越えられたのだと思う。

 あのとき、よく持ちこたえられたのだ。

 私は何の手伝いもできなかった。

 ★

 人は、自分の人生で辛い日々を何度か味わう。

 自分の生き方のレベルが上がったとしても、辛い日々は、公平に誰にも訪れる。

 それをどのように凌いでいくか。

 詩人永瀬清子は、次のように書いた。

「日々は垂直に立った梯子をのぼるように困難だ。しかも上へいけば行くほど」

 

 

|
|

« 「体への投資」を考える | トップページ | 業務連絡です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/45842051

この記事へのトラックバック一覧です: 忙しい日々を送っています:

« 「体への投資」を考える | トップページ | 業務連絡です »