« 「その日暮らし学級経営」を乗り越えていくための手立てとは? | トップページ | 出る月を待つべし。散る花を追うことなかれ »

「明日の教室」は、パワーポイントで提案する

  今日は、母の日。久しぶりに、私が夕食作りをする。

 もたもたする。手際よさがすっかりなくなっている。

 毎日夕食作りを6、7年続けたときがあったのである。

 ところが、女房が教師を辞めて4年目。ほとんど食事作りをすることがなくなった。

 手際よく作っていたあの感覚が、まったくなくなっている。

 今日は、棒棒鶏、中華丼、もやしの中華サラダというメニューである。

 もたもたしながら、やっと作り上げる。

 味は、なんとかなっている。良かった。

 ★

 プリンタが壊れた。急ぎ電気店へ行く。

 いろいろ見ていると、驚く。こんなに変わっているのである。

 プリンタだけでなく、コピー(しかもカラーでもとれる)、スキャナー、写真などの複合機である。

 今までのコピー機も壊れているので、どうしようと思っていたところである。

 全部できる。しかも三万円もしないのである。

 いかに私が世の中の流れを知らなかったかを思い知らされる。

 「それください」と、とにかく半信半疑で買ってかえる。早速、本当だろうかと試してみたが、(笑)本当である。

 完全に、世の中の進み具合に遅れてしまっている。

 ★

 そんな私が、5月23日の京都「明日の教室」では、パワーポイントで提案しようと思っている。

 というのは、群馬の知り合いであるK先生から、「縦糸・横糸」理論と「3・7・30の法則」をパワーポイントのファイルにしてもらったのである。

 「カッコ良くなくていいですので、スライドみたいにしてください」と頼み込んで全部やってもらった。(笑)

 提案の時間は、45分しかないのである。

 余計なことを言っていたら、すぐに終わってしまう。

 先日も初任研で、ドジを踏んでしまった。私はいつもの感じで、黒板にはりだす四つ切りの画用紙や板書の準備をしていったのである。

 ところが、会場は、大会議場。160人の参加である。一番後ろにいる人は、板書した字が見えない。貼りだしたものが見えない。

 困り果てた。

 それでも何とか終わったのであるが、この時、これからは絶対にパワーポイントのようなものを使わなくてはやってはいけないなと思ったものである。

 そんなとき、偶然運命の女神K先生から、パワーポイントのファイルが添付で送られてきたのである。

 よくよく私の本や資料を読まれていて、実に的確にファイルにしてもらっている。

 「よし、これでいこう」と決意したところである。「明日の教室」は、池田先生もいるのである。何とかなるはずだ。

 今回をいい教訓に、私も早速パワーポイントを買うことにした。

 いずれ、機械に強い私の姿をお見せできる日がくるはずである。

|
|

« 「その日暮らし学級経営」を乗り越えていくための手立てとは? | トップページ | 出る月を待つべし。散る花を追うことなかれ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/44972538

この記事へのトラックバック一覧です: 「明日の教室」は、パワーポイントで提案する:

« 「その日暮らし学級経営」を乗り越えていくための手立てとは? | トップページ | 出る月を待つべし。散る花を追うことなかれ »