« 人生の「帰路」を歩み始めて…… | トップページ | 「卒業記念特別授業」~「孤独の向こう」(川江美奈子)を題材として »

視線を鍛えるということ

  初任者指導教員として、派遣校への初出勤である。

 ちょうど、その学校は、離任式になっていたので、慌ただしい中で、先生達へ挨拶をした。

 週の中で、木曜日の一日だけその学校へ出勤をすることになっている。

 初任者は、音楽専科である。(笑)

 音楽を苦手としている私に、一体何が指導できるのだろうか。

 重い気持ちを引きずりながら、初任者の人に会った。

 ★

 今日の音楽の授業は、3年生と6年生であるということ。

 3時間目に、3年生の音楽を後ろで参観した。

 びっくりした。数年の臨任経験を持っていたというY先生の技量は、もはや初任者の域を越えて、とびぬけていた。

「おい、おい、これは初任者ではない。ベテランでも、ここの領域に達している音楽教師は、そんなにいないよ」

と思わせるものであった。

 要するに、次の点であった。

 1,授業のテンポがいい。空白の時間がない。

 2,笑顔と表情が良い。

 3,声を自在に変えて、子供に話しかける。

 4,的を射たほめ方をする。

 5,視線が鋭い。

 特に、5が良い。

 初任者は、子供達へ視線を向けることができない。ほとんどできない。漠然としか子供を見ることができない。

 ところが、このY先生は、見事に全部の子供達へ眼を向けている。

 ★

 反省会で、「あなたは、どこであの視線を鍛えたのですか」と聞いた。

 彼女の答えは、2つであった。

 1つは、一番最初に(臨任のとき)クラスを受け持ったとき、クラスが荒れたことがあった。その時、「あなたは、子供達を漠然としか見ていない」と指摘された。そのことで、それ以来、しっかりと子供達を見るようにした。

 2つ目は、いつも放課後に、「今日、この子と何を話したのだろうか」とチェックすることにした。そのことが生きているのだと思う。

 そうなのだ。このような修練をすることなくして、視線を鍛えることはできないのである。

 

|
|

« 人生の「帰路」を歩み始めて…… | トップページ | 「卒業記念特別授業」~「孤独の向こう」(川江美奈子)を題材として »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

興味深く読みました。
一つのことばで変われる先生と変われない先生がいます。

その境目はなんだろう?

そう思いながら読みました。

それと、でも、野中先生が切り込めるポイントがたくさんあって、それは少しずつ明らかになるのだろうと思って読んでいました。楽しみです。

5月のブログ本も楽しみです。

投稿: まるしん | 2009年4月10日 (金) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/44619257

この記事へのトラックバック一覧です: 視線を鍛えるということ:

« 人生の「帰路」を歩み始めて…… | トップページ | 「卒業記念特別授業」~「孤独の向こう」(川江美奈子)を題材として »