« 笑わせて、ぐっと締めて、何度も誉め、その気にさせる | トップページ | 仲がいい職員組織を作ろう »

初任者・1週間のシナリオ

   ブログをまとめた本を出したいと願っていたが、やっと出版社に原稿を渡すことができた。

「5月23日(土)には、京都の明日の教室で講演することになっています。この日までに間に合わせてくれませんか」ということをお願いした。

 このブログ本は、2005年11月26日から2008年3月31日までの2年4ヶ月続いたブログから抜き出して、項目を作り、まとめたものである。

 退職までの日々で、思ったことや考えたことを書き綴ったものである。

 さて、どのようなできばえになるか、楽しみなところである。

 ★

 ここ数日をかけて「初任者・1週間のシナリオ」づくりを考えた。

 私が4月から受け持つことになる初任者2人のために準備しようと思ったものである。

 そして、3月で終わりになる初任者の人にも「おみやげ」で渡していこうと思ったものである。

 作りながら、「待て待て、このシナリオは、とても初任者ではこなしきれないぞ」と思うようになった。

 私の「3・7・30の法則」の具体をそのままに適用しているためである。

 そこで、冒頭に次のような但し書きを付け加えた。

「私が最後に勤務した大池小の6年生の実践を参考にして1週間のシナリオを作り上げたものである。ただし、4/6からのシナリオは、即座に初任者ができるものではない。◎がついているものは、必須のものだが、それ以外は無理をしてこの1週間にする必要はない。他の週に回していいものである。もし、追試をされるのなら、無理をしないで、できることをやっていけばいいのである。もちろん、このシナリオは、初任者だけでなく、ベテランにも十分通用するものである」

 A4の用紙で18枚分にもなった。1週間の1時間1時間の内容を書いたものだからである。

 ★

 私は、これからとても重要な初任研を控えている。

 3月25日(水)には、愛知県小牧市教育委員会の初任研。4月10日(金)には、東京大田区教育委員会の初任研である。

 ここでの私の話は、初任者に大きな影響(?)を与えるであろう。

 小牧市は、これから赴任する初任者、大田区は、始まって5日目の初任者である。

 私の方が、ものすごく緊張しているといっていい。

 この初任者にも、私のシナリオを提起したいと思う。

 「そのまま追試なんかしてはダメだ。自分で考え、自分でよしやろうと思ったことだけを追試しなさい」という感じで、提起していこうと思う。

 

|
|

« 笑わせて、ぐっと締めて、何度も誉め、その気にさせる | トップページ | 仲がいい職員組織を作ろう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

野中先生、池田です。

最新刊の御著書を5月23日(土)の「明日の教室」に間に合わせていただけるとのこと。ありがとうございます。興奮しています。よろしくお願いいたします。

折角ですので、みなさまに「明日の教室」のご案内を少し。

http://ikedaosamu.cocolog-nifty.com/kokugogakkyuu/2009/02/post-6e33.html

です。
会場は、京都橘大学で、13:30〜17:00 さらに懇親会も予定しています。

なお,お申し込みは
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P2213754
でお願いします。

投稿: 池田修 | 2009年3月11日 (水) 14時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/44305786

この記事へのトラックバック一覧です: 初任者・1週間のシナリオ:

« 笑わせて、ぐっと締めて、何度も誉め、その気にさせる | トップページ | 仲がいい職員組織を作ろう »