« 来年度へ向けての布石を打っている | トップページ |  気になる「言葉づかい」 »

九州の佐賀へ帰ってきました

   母が、骨折で入院したために、九州の佐賀へ帰った。

 この時期に帰るのは、初めてである。関東は、この冬初めての寒さに見舞われていたらしいが、佐賀は、もう春の匂いに包まれていた。持って行ったコートがいらないほどの暖かさであった。

 88才の米寿を迎える母は、今まで一人暮らしであった。入院するということは、今まで一度もすることなく、元気に暮らしてきたのだが、股関節のところで、3本の骨折が見つかった。

 しばらくリハビリをしながら、入院生活になるのだが、もう一人暮らしはできない。

 これからのことを考えなければいけないのである。

 さてさて、これからが大変である。

 ★

 往復の飛行機で、諏訪哲二さんの「学力とは何か」(洋泉社新書)「自己チュー親子」(中公新書ラクレ)を読んだ。

 諏訪さんは、退職されてもう7年を経過されているのだが、相変わらず旺盛な仕事ぶりである。

 すごいなあと感嘆しながら読み進んだ。

 特に、「自己チュー親子」は、「オレ様化する子どもたち」をさらに深めておられて、これは簡単に読み進めないなと思いつつ、一気に読み終えた。

 今回は、「個人」と「自己」という概念を提出して、問題をもつ若者達を分析して見せた手並みは、なるほど、なるほどと思わせるものであった。

 もう一度、丁寧に読まなくてはならない本である。

 ★

 久しぶりの晴れ。のどかな朝である。思い立って、歩いて佐賀駅へ向かう。

 佐賀城の周辺と、小学校の頃過ごした周辺を通りながら、駅へ向かう。

 50年前に、この周辺を遊び回っていたなあと思いつつ、その変わり果てた街並みをとぼとぼと歩く。

 小さい頃、あれほど広く思えた街並みや川が、小さく小さくまとまっている。

 変わらないのは、大きな楠の木。

 ちょっと触りながら挨拶。「こんにちは、さようなら」

 

 

 

 

 

|
|

« 来年度へ向けての布石を打っている | トップページ |  気になる「言葉づかい」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/44214564

この記事へのトラックバック一覧です: 九州の佐賀へ帰ってきました:

« 来年度へ向けての布石を打っている | トップページ |  気になる「言葉づかい」 »