« 目標達成法の効果 | トップページ | 九州の佐賀へ帰ってきました »

来年度へ向けての布石を打っている

 「縦糸・横糸」理論が広がっている。うれしいことである。

 そこで、この理論が一人歩きをしていく(そうなってもいいという意見もあるが)場合があり、ここらで一応の理論付けをしておいた方がいいのではないかと、私が横藤雅人先生に提案して、急いでいくらかまとめてみた。(もちろん、まだまだ試案の段階である)

1、定義

 A、縦糸…教師と生徒(児童)との上下関係づくりである。

 B、横糸…教師と生徒(児童)との通じ合い、心の通い合いである。

2,内容

 A、「縦糸を張る」とは、次のようなことを言う。

  ①学校でのしつけをきちんと身につけさせる。

  ②返事、あいさつ、敬語などの言葉づかいをきちんとさせる。

  ③学級内ルールをきちんと作る。

 ☆「学校でのしつけ」とは、次のような内容を言う。

・教師に提出物を提出する際には、「お願いします」と言って、教師側に提出物を下部が向くように出す。

・廊下に並ぶ際には、しゃべらない。

・プリントを手渡すときには、「どうぞ」「ありがとう」で。

など(まだ多くある)

 B、「横糸を張る」とは、次のようなことを言う。

 ①教師と生徒がフラットな関係性を築くこと。(問題解決の場面では、教師も共に考え、共に笑うこと。子供に感謝、感動し、それを伝える。時には子供に謝る。)

 ②子供に追究をゆだねたら、その後はできるだけ指導は控えて、同じ学究の徒として事象や資料、題材に並んで向かい合うこと。その結果、本心から「君に負けたなあ」と伝えること。

 ③教師が、生徒と共に話し合うこと。(子供が困っていること、問題などに積極的に関わり、話し合い、解決する)

 ④教師が、生徒と遊ぶこと。

 ⑤教師が、生徒の良い点を伝え、誉め、励ますこと。(ハガキを書いたりすることもおおいに有効である)

 ⑥教室に笑いを作り、伸びやかな雰囲気を作ること。

3,方法

 ①教室という場で、縦糸と横糸という相矛盾する2つのベクトルを、バランス良く織物のように組み合わせ、その一つ一つの絡み合いと出会いによって、一つの模様を紡ぎ出す試みである。

 ②学級の最初は、まず「縦糸を張ること」から始まる。縦糸には、色と模様は不要。横糸を受け止める幅とゆとりを内包する適度な強さが必要。縦糸が粗すぎたり、強すぎたり、密すぎたり、頑なだったりしても、横糸がうまく乗らない。

 ③しかし、横糸だけでも織物を織ることができない。横糸は、重ねようとすると、自らの重みで崩れる。

 ④しっかりとした指示(縦糸)があって、豊かな心の通い合い(横糸)があるとき、子供の思いもかけない可能性が表れてくる。

 ⑤縦糸は強いか。また、強すぎないか。横糸を乗せることに耐えられる本数と強さか。つまり、一方的な指示や方針が出されるばかりだったり、弱気な、一貫性のない指示だったり、子供の実態から見て無理な指示や方針だったりしていないか。常に評価していくことが必要である。

 ⑥横糸は、豊かか。笑い(嗤いではない)や子供の発想がきらめいているか。教師と子供がフラットな関係性を築いているか。どこかに冷たい、頑なな教師の態度が残っていないか。模様に合わせて臨機応変に紡いでいるかなど、常に評価していくことが必要である。

 ⑦学級経営においては、縦糸は出会いから数日の間に張ってしまい、後になってからその縦糸をぶらさないことが大事。縦糸の長さを意識すべき。横糸を通そうとするとき、初めての縦糸に触れる。触れても大きくぶれないことで、横糸の通し方が徐々に分かってくる。しかし、ある程度縦糸も揺れながら横糸が通って、織物が見え始める頃には、縦糸の揺れ幅も共通化し、またそれまで織った織物が縦糸を強化していく。

 縦糸を張ること、横糸を張ることが、どういうことなのかが分かってもらえると思う。

 ★

 この「縦糸・横糸」理論からすると、私が提唱した「3・7・30の法則」とは、ほとんど「縦糸を張ること」の<学級内ルールをきちんと作る>の中に含みこまれてくる。

 今回、この視点で、「3・7・30の法則」の具体的展開を改訂したところである。(今までの資料と大きく変わるところはないが、縦糸・横糸理論が少し付け加えられている。今までこの資料をもらっていない方、メールで請求してもらえば送付します。テキスト形式では、罫線が出ないことがわかったので、その分含んでもらいたい)

 項目は次のようになる。

 ①「縦糸・横糸」理論について

 ②「3・7・30の法則」の課題

 ③平成18年度  1週間の課題

 ④「3・7・30の法則」の具体的展開(1)<3>の法則(最初の3日間)

 ⑤「3・7・30の法則」の具体的展開(2)<7>の法則(最初の7日間)

 ⑥「3・7・30の法則」の具体的展開(3)<30>の法則(1ヶ月)

 ★

 なぜ、私がこれらのことを急いでいるかというと、来年度へ向けての布石である。

 来年度も、私は、初任者担当の仕事をする予定である。

 その計画段階に入っているからである。

 私が受け持つ初任者が、この「縦糸・横糸」理論と「3・7・30の法則」をどのように受け止め、どのように実践していくのか。

 そのためには、私がしっかりとした企画を持たなければならないためである。

 初任者と私との共同作業である。

 もちろん、初任者の力量が加味されるわけであるので、一概に言えることではないが、もし「縦糸・横糸」理論と「3・7・30の法則」が具体化されたとき、クラスはどのように動いていくのか、課題はどのようなことが残されるのか、…大きな試みになるはずである。

 

  

|
|

« 目標達成法の効果 | トップページ | 九州の佐賀へ帰ってきました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。千葉県で小学校の教員を務めております。黒田大介と申します。
先生の本はとても興味があって、何冊も読んでおります。また、先生の考え方にも頷けるところが多々あり参考にさせていただいております。
この度3・7・30の法則の具体的展開の資料を送っていただきたく連絡しました。
よろしくお願いします。

投稿: 黒田 大介 | 2009年7月14日 (火) 23時18分

 黒田先生、いつも私の本を読んでいただき、ありがとうございます。
 先生へ送りたいと思いますので、私のメールへ連絡をお願いできませんが、添付資料で送ります。
私のメールは、次の通りです。よろしくお願いします。

kazenifukarete@hkg.odn.ne.jp

投稿: 野中信行 | 2009年7月15日 (水) 20時15分

愛知県で教員をしています。先生の考え方である「縦糸・横糸」理論には、納得する部分が多いです。縦糸は、子どもたちから「せせら笑われる教師」ではあってはならないということだと思います。学級経営における教師の立場を明確にしていると思います。この度、3・7・30の法則の資料をぜひいただきたく連絡しました。若い人にも先生の理論を広めていけたらいいなあと思っています。よろしくお願いします。

投稿: 三輪昌彦 | 2009年8月14日 (金) 15時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/44162397

この記事へのトラックバック一覧です: 来年度へ向けての布石を打っている:

» 「縦糸・横糸」理論がバージョンアップ [筑田の『学び合い』の文化を教室に]
野中先生のブログを拝見すると、以下のような記述が。 来年度へ向けての布石を打っている  「縦糸・横糸」理論が広がっている。うれしいことである。  そこで、この理論が一人歩き [続きを読む]

受信: 2009年2月24日 (火) 18時48分

« 目標達成法の効果 | トップページ | 九州の佐賀へ帰ってきました »