« 生活習慣が学力向上の第一の要因 | トップページ | その灯りは、自分で灯さなくてはならない »

川江美奈子の“letters”はいいですよ

   北海道の石川晋先生(私は、晋さんと呼ぶ)が、21年続けているという「今年のアルバム ベスト10」がある。

 私は、ここ数年晋さんの「ベスト3」は、必ず手に入れて聴くようにしている。

 はずれがない。

 昨年の12月28日に出た「ベスト10」の「ベスト3」は、次のようなものだった。

 1位 Mr.children“SUPERMARKET FANTASY”

 2位 原田知世 “Music & Me”

 3位 川江美奈子 “letters”

 今回も、よかった。

 それでも、特によかったのは、川江美奈子の“letters”である。

 晋さんのコメントは、次のようになっている。

「“ピアノ”一曲だけで、永遠に不滅の一枚である。涙がこぼれそうになる、表現の極地を聴く。彼女は昨年の今頃まで死線をさまよっていたのだ。そして、もう一度だけピアノと向き合いたいと願い続けていたのだ。『言葉にならない夜は/ピアノを弾いて/二度と触れられなくても/どこかでいつも想ってるから』(ピアノ)」 

 毎日のように聴いている。これは何なのだろうか。

 ★

 小学生が参加する、ある音楽の会で、芥川也寸志さんが、小学生の女の子に質問をされたという。

「音楽は何のためにあるのですか?」

 彼は答えたと言う。

「あなたのこれからの人生の中で、どうしても必要になるからですよ」

 うまいことを言うなあと思った。

 川江美奈子の“letters”を聴きながら、きっとこの曲に救われる人たちはいるのだろうなあと思ってしまった。  

|
|

« 生活習慣が学力向上の第一の要因 | トップページ | その灯りは、自分で灯さなくてはならない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

野中先生
お世話になります。

川江美奈子さん・・
私も好きです。
諸事情(金欠)でまだ手に入れていないのですが、
手に入れたいと思います。

この曲を授業化できないものでしょうか???

投稿: 岡山 松森 | 2009年2月16日 (月) 00時34分

 とりあげていただいて、光栄のきわみです!

 ぼくは既に授業に取り上げています。
 ピアノという題名を当てさせるだけのシンプルな展開でした。個人で考え→グループで相談→解説→音源を実際に聴く
という流れです。

 いや、正確には、補助作業と補助発問がありました。
 音読後、「あなた」に線を引かせ、「あなた」とは誰ですか? それが題名になっています、と。

 生徒は「ピアノ」にたどり着きましたよ。
 小学生でもできると思います。

投稿: まるしん | 2009年2月16日 (月) 08時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/44076033

この記事へのトラックバック一覧です: 川江美奈子の“letters”はいいですよ:

« 生活習慣が学力向上の第一の要因 | トップページ | その灯りは、自分で灯さなくてはならない »