« 健康オタクである | トップページ | 吉本隆明語る »

あけましておめでとうございます

   あけましておめでとうございます。関東は、天候に恵まれて、きっと初日の出は素晴らしかったのではないだろうか。

 退職して、ゆっくりした正月を迎えられるかなと思っていたが、そうはいかなかった。暮れから原稿書きに追われている。

 私の部屋から二階の六畳の部屋に移動して、そこで終日籠もりっきりで原稿書きである。

 11月の明日の教室で、糸井さんや池田さんから「野中先生には、難しい課題を振っておきましたので、よろしくお願いします」(笑)と言われていたが、それは冗談だと思っていた。

 今年の春に出版される学級経営の本(全5冊)<明日の教室シリーズ>である。糸井さんや池田さんが編者である。多くの方が、書き手として加わっているらしい。

 出版社から原稿依頼が送られてきた。見ると、大変である。本の構成が凝っている。課題が大変である。私は、16の課題を書かなくてはいけない。締め切りは、1月24日である。

 退職で、さまざまな資料を処分してしまっている。これが手痛い。

 何とかしなくては思い、苦労に苦労を重ねている。もはやできることをするだけである。

 ★

 年賀状がどっさりと送られてきた。

 その賀状の中に、1枚だけ入っていた。びっくりした。読んで、舞い上がるような気持ちになった。

 私のクラスで、ずっと不登校になっていた子供からの年賀状であった。

 私は、その子が、小学、中学の間ずっとはがきや賀状は出し続けていたが、何の返事も来なかった。それは、それで仕方がないことであった。

 ところが、ところがである。

「お久しぶりです。こんにちは」で始まり、「さんざんお世話になりましたが、こんな私もなんとか、無事高校生になれそうです。今まで心配おかけしてすみませんでした。では。」と結ばれていた。

 よかった。彼女の未来が、見えてきたのだ。

 宝物のような年賀状であった。私が、ずっとはがきを書き、年賀状を出し続けていたのをきちんと受け止めてくれていたのだ。そう思うと、うれしくて、うれしくて、私は教師だったんだと、改めてそう思う一日であった。

 ★

 そんなこんなで、慌ただしく暮れも正月も過ぎていく。

 箱根駅伝は、早稲田が東洋に最後に逆転されてしまった。すごい1年生が出てきたものだ。

 というテレビをちらちら見ながら、原稿書きにがんばっている。

 楽しみは、10時から11時まで読む佐伯泰英の「密命」である。17巻まで読み進んだが、ますますおもしろくなっている。

 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

|
|

« 健康オタクである | トップページ | 吉本隆明語る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/43616018

この記事へのトラックバック一覧です: あけましておめでとうございます:

« 健康オタクである | トップページ | 吉本隆明語る »