« 吉本隆明語る | トップページ | 考え違いをしていないか? »

当たり前を積み重ねると特別になる

 1月になって、初めて1年生のクラスに入る。7日が授業はじめだから(2学期制)2日目のクラスである。

 給食も開始になる。5時間授業である。後ろで、5時間分の授業を見る。

 とても落ち着いている。40人のクラスで、初任者は、男の先生である。

 4,5月は、やんちゃな子や落ち着かない子がいて、なかなか大変であった。ところが、9月頃からすっかり落ち着いてきた。

 クラスは、よく仕上がっている。

 12月の初任者の研究授業では、「1年生で、40人もいるのに、あんなに静かに授業に集中しているなんてびっくりした」と、いろいろな先生に評してもらったほどである。

 もはやさまざまなことで、指導をするということはない。これから、どれだけ力量をつけるかは、自ら身構えていけるかどうかにかかっている。これからは、自分で進んでいくしかない道である。

 初任者担当の仕事をしてきて9ヶ月が過ぎた。

 違った角度から授業を見ることができて、また違うような見方ができるようになった。

 ★

 その先生と放課後話をした。

 すぐれた実践家の話になった。

 ほとんどの先生達が、誤解している。

 「日本の中で学級づくりや授業ですぐれた実践を続けている先生がいますが、ほとんどの先生が、その先生達は、何か特別な技を用いてこどもたちを鍛えていると思っているんですよ。全然違いますよ。その先生達が、特別なのは、特別な技じゃなくて、基本的なことや原則的なことを続けていく、その徹底さにあるのですよ」と、話した。

 そこのところがよく分かっていない。何かすごい実践家は、特別な技みたいなものを駆使して学級経営や授業作りをしているのだと、思っている。

 その特別技を盗みたいと願っている。その技を盗むと、自分の学級作りや授業作りが一変すると思っている。

 ほとんど幻想である。

 そんなことはない。考え違いをしている。

 その実践家が、普通の先生達と違うのは、基本的なことや原則的なことを繰り返し徹底していく、その粘り強さにある。

 じゃあ、あなたが提唱している「3・7・30の法則」は、特別技の1つじゃないかと言われるかもしれない。しかし、これは特別技でない。こんな名前を付けなくても、すぐれた実践家は、1ヶ月が学級作りにとって大切な時間だということは分かっていたのである。これは基本的な仕組みづくりであり、システムなのである。

 ★

 パティシェ・杉野英美。この男の菓子は、本場フランスで「ほかのどこにもない菓子」と呼ばれる。15年前、日本人として初めて、世界の菓子職人の頂点に立った。それまで誰も見たこともない、まるで漆器のようなチョコレートのつや。何層にも折り重なった多彩な味わいのハーモニー。舌の上でとろけて消えていくような食感。彼の菓子は、すべてが新しかった。

 杉野は、若い頃、フランスのベルティエの菓子の虜になり、そこへ弟子入りを志願するが、断られ続け、諦めずに3年とちょっと粘った末に、ついに受け入れられた。

 杉野は、菓子作りの奥義を学べると思い、勇んで店に飛び込んだが当てが外れた。

 ベルティエは、特別な食材を使っていなかった。レシピも、料理学校のものとまったく同じだった。なのに、なぜ、あの菓子が生まれるのか?

 飾り付けのペリーは普通のもの。しかし、少しでも傷んでいれば全て取り除いた。菓子をつけ込むお酒も、一滴たりとも残さず染みこませていた。ある日、若い職人が、菓子をほんの少しだけ焼きすぎた。ベルティエは、声をあげた。「これはお客に出せない」その職人は、店から追い出された。完璧を求めるベルティエの厳しさを知る。

 どの作業も、おいしい菓子を作るためには、当たり前のこと。しかし、その全てを完璧に行っている店は、ここが初めてだった。

 「当たり前を積み重ねると特別になる」

 杉野は、言う。

 ★

 若い実践家がいる。自分の力量を高めたいと希求している。

 求めなければ、絶対に手に入れることはできない。その意味では、まっとうである。

 しかし、私が1つだけ今まで違和感を感じてきたことがある。

 授業作りや学級作りの奥義を求めて、ひたすら本通いや研究会通いをしていることである。

 もちろん、刺激は受けるし、今まで知らなかったことを知ることはできる。

 でも、もっとも大切なことは、「外から奥義はこない。内にある自分のものをどれだけきちんと積み重ねていく徹底さ」ではないかと、私は思い続けるのである。

 そのためには、基本的なこと、原則的なことをどれだけきちんと身につけていくか、それにかかっている。

|
|

« 吉本隆明語る | トップページ | 考え違いをしていないか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 「当たり前を積み重ねると特別になる」
来年で教職に就いて10年を迎えますが,この言葉の重みが分かってきました。
 基本的で簡単なことだからこそ徹底するのは難しいです。つい軽く考えて,いい加減に流してしまいたくなりますから。
 いくら他所から「良いクラス作りをしていますね」などと褒められても,内心は毎日綱渡りのような気持ちです。
>、「外から奥義はこない。内にある自分のものをどれだけきちんと積み重ねていく徹底さ」ではないか
 自分をいかに厳しく律していくかが勝負ですね。いつかそれが自然に,当たり前にできているようになりたいものです。

投稿: しらい | 2009年1月 9日 (金) 22時22分

野中先生、年賀状ありがとうございます。
「基本的なことや原則的なことを続けていく、その徹底さにあるのです」
この言葉は、若い先生に伝えたいと思いました。
徹底的に継続していく内からわき出るパワーが必要なのでしょうね。インプットしたことをアウトプットしなくては、インプットした意味がないと最近思っています。
今年は何らかの形で発信していきたいと思ってます。
本年もよろしくお願いします。

投稿: 野田 | 2009年1月 9日 (金) 23時18分

 野中先生、なるほどです。この言葉は、私たち教師全てに通じる大切な考え方です。以前ある先生が言われました。力量の高い先生と私たち凡人の違いは、「妥協点の違いだ」と。基礎基本の徹底の違いなんですよね。この言葉を心に叩き込んで、残された教師生活を過ごしていきたいと思います。ありがとうございます。

投稿: 長谷です | 2009年1月10日 (土) 14時54分

 ぼくは、敢えて疑問をもちます。若い実践家の方の肩を持つわけではありませんが、そういう時期があっていいと思うのです。たくさん吸収する時期ではないかと。そこからきっと上手くいかなくなる。他人の方法だけではなく、その根底にある基本的なこと、原則的なことを知っていくのだと思います。僕自身がそうでした。ふっと立ち止まって考えているこのごろです。ただ、ずっと気づかないのは怖いですが・・・

投稿: 長瀬 | 2009年1月12日 (月) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/43686721

この記事へのトラックバック一覧です: 当たり前を積み重ねると特別になる:

» 指導の持久力 [JJの「楽しくなければ学校じゃない!」]
今日は年度末反省会がありました。その中で、子供たちの学習習慣や生活習慣の形成につ [続きを読む]

受信: 2009年1月27日 (火) 21時05分

« 吉本隆明語る | トップページ | 考え違いをしていないか? »