« 細く、長く、それなりに愛情を | トップページ | 一番に言いたくなる言葉が、一番の禁句 »

「たつのおとしご」は、どう書くのだろうか。

 初任者の研究授業のために、事前に私が、授業をした。いわゆる示範授業である。

 5年生の国語(漢字)の授業。

 「漢字の読み方と使い方」の2時間分の授業である。

 1時間目の授業の最後に、子供たちに問題を出しておいた。

 国の名前を探し出す問題である。

 21問ある。「実は、私も分からない問題3つある」と正直に言った。

 墨西哥(       )、白耳義(      )、諾威(        )

 そのクラスの先生からあとで聞いた。

 給食の時間に、その国名を探すので全体が大変だったそうである。

 ほとんどが当て字であるので、見当がつかない。

 ところが、ところが、次の日の国語の時間に、ほとんどの子どもたちがプリントを提出した。

 別に宿題ではなかったのだが、すごい盛り上がりである。

 知的なものに反応をするクラスである。

 ★

 2時間目は、特別な読み方をする漢字の授業である。

 教科書に出てくる漢字(八百屋、果物、迷子など)などでは、ほとんど子供たちが満足する授業はできないと判断した。

 そこで、海に関する漢字で挑戦しようと思った。TOSSの伴さんがどこかの本で書かれてあったものの追試である。

 ざっと教科書の漢字を読み込んだ後に、次の漢字を提出する。

 ①海女  という漢字から入る。石川県などでは、海士(あま)であるということも説明する。これは、ほとんどの子供がすぐに読める。

 ②くらげは、どんな漢字になるだろうか。(海月)

 ③海星は、なんと読むだろうか。(ひとで)

 ④「たつのおとしご」は、どう書くだろうか。これは、誰も分からないと思ったが、一人の男の子が、ずばり当てた。その子は、全部解答することができた。「どうしてそんなに知っているの?」と聞くと、漢字に興味があって、前に調べたことがあったと答える。(海馬)馬の頭の方が、たつのおとしごの頭と似ているからということである。

 ⑤海豚(いるか)  これは、ほとんどの子が知っていた。

 ⑥海豹は、なんと読むだろうか。(あざらし) 3人の子供が答えられた。

 ⑦海鼠は、なんと読むだろうか。(なまこ) これは、さきほどの男の子一人だけが答えた。

 ⑧海老は、なんと読むのだろうか。(えび) これも、ほとんどが読むことができた。えびは、曲がっていて、老人も曲がっているからだろうという推理。

 ⑨海苔は、なんと読むだろうか。(のり) これもすぐに分かった。 

 そこで、「海海海海海」という漢字を提出。

 これは、何と読むでしょうか。全部読み方が違います。

 答えは、「あいうえお」となる。「海女のあ」「海豚のい」「海胆のう」「海老のえ」

「海髪<おご>のお」となる。

 時間があったので、川柳の読み方を提出した。

「同じ字を 雨雨雨と 雨て読み」

「同じ字を アメ サメ ダレと グレて読み」となる。

春雨(はるさめ)、五月雨(さみだれ)、時雨(しぐれ)から取ったものである。

 子供たちは、おもしろそうに、とても授業に集中してくれた。

 

|
|

« 細く、長く、それなりに愛情を | トップページ | 一番に言いたくなる言葉が、一番の禁句 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/43387939

この記事へのトラックバック一覧です: 「たつのおとしご」は、どう書くのだろうか。:

« 細く、長く、それなりに愛情を | トップページ | 一番に言いたくなる言葉が、一番の禁句 »