« 「たつのおとしご」は、どう書くのだろうか。 | トップページ | 横浜教職員走友会20周年記念式典 »

一番に言いたくなる言葉が、一番の禁句

  以前、サッカー代表監督をしていた岡田監督(今もしているが)が、言っていたことがある。

「言葉っていうのは難しいですねえ。今の選手たちは、『精神的』という言葉を使うと、それだけで拒否反応を起こすのですよ。だけど、『メンタルが弱い』というと素直に聞き入れるんですね」

 なるほどそういうものか。言っていることは、同じなんだけどなあ。今でもサッカー界では、「精神」というのは、禁句になっているのだろうか。

 若い選手に届くためには、少しでもスマートにいわなくてはならないようだ。

 こういうふうに言ってはいけないこと、こう言ったほうがいいだろうということは、どこの世界でもありそうだ。

 ★

 オリンピックでの星野ジャパンの陣容を知ったときには、「これでは勝てない」と私は思った。

 案の定、惨敗であった。

 組織論という考え方がないなと思ったのである。

 会社で、社長、部長、課長が全部60代とするなら、20代の若い従業員と気持ちが通じないというのは当たり前である。

 星野仙一、山本浩二、田淵幸一という60代3人組が、若い人たちに星野野球の考え方を徹底しようと思っても、それはハナから無理だった。

 20代前半の選手達に対して、40歳も離れている連中が、しっかりしたコミュニケーションがとれるはずはない。

 私なら、もっと若手のコーチ達を選んだはずである。

 監督と選手のハートが分かるコーチが間に立たないことには、チーム作り、組織作りはできないからである。

 いわゆる若い選手に届く言葉を持っているかどうか、である。

 ★

 ずっと以前に、まだパソコンが一般に普及し始めたころのことである。

 パソコンショップでの禁句ということがとりあげられていた。

 当時、パソコンショップでは、PC商品には近づかず、遠巻きにうろうろしているおじさんがたくさんいた。パソコンには興味があるが、機会ものには弱い。そんな人たちである。

 そのおじさんたちに、店員が言ってはいけない言葉があるというのである。

 その禁句とは何か。

 正解は、「簡単ですよ」なのだという。

 私が、もしその店の店員だったら、絶対に何回も言っていたと思う。それしか言いようがないからだ。

 それが一番親切だからだとも思う。

 しかし、それが禁句というのだから、驚いたことがある。

 よく考えると、実は、その言葉が一番彼らを傷つけるのだろう。

 さすがに現場の人間は、よく分かっているものである。

 ★

 私たちも、知らず知らずのうちに人を傷つけていることがあるはずである。

 たとえば、鬱病の人に、「がんばれ」が禁句になっているのは、代表的な例である。

 そこで考えるのだけど、ほんとうは、一番に言いたくなる言葉が、一番禁句になるのかもしれない、と……。

 

|
|

« 「たつのおとしご」は、どう書くのだろうか。 | トップページ | 横浜教職員走友会20周年記念式典 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/43414810

この記事へのトラックバック一覧です: 一番に言いたくなる言葉が、一番の禁句:

« 「たつのおとしご」は、どう書くのだろうか。 | トップページ | 横浜教職員走友会20周年記念式典 »