« 法則化運動が、残したもの | トップページ | 児童生徒の暴力最多 »

晩年の人生との取り組み方

   古くからの友人の合唱祭に出かけた。

 退職して、友人は、地元の男性合唱団に入部し、1年5ヶ月ぐらいの練習を経て、今日の28周年記念演奏会に登壇している。

 私は、友人夫婦と一緒に勇んで出かけた。晴れ舞台である。

 2時間びっしり。第4部構成である。

 60代の人たちが中心なのだろうか。70歳代の人もいそうな感じである。

 合唱の途中で、誰か倒れないのだろうかと少し心配するほどに熱気が感じられた。

 白熱した合唱は、なんと言っても最後の第4部「尾崎喜八の詩から」という組曲であった。

 尾崎喜八という詩人の詩を組曲にしていて、それを歌い上げるのである。

 6つの詩なのだ。覚えるだけでも大変だっただろうに、見事にそれに取り組んでいた。

 聴いているこちら側の観客(1000人近く入っていた)も、同じような年代なのだ。

 圧倒されたのではないだろうか。

 帰りに玄関先で、友人に会った。「よかったよ。感激した」と伝えた。

 おそらく、友人は、第二の人生の一歩をこのようにして歩み始めたのであろう。

 まずは乾杯。

 ★

 森信三先生は言われた。(一語千鈞)

「人間は、退職後の生き方こそ、その人の真価だといってよい。退職後は、在職中の三倍ないし五倍の緊張をもって、晩年の人生と真剣に取り組まねばならぬ」

 友人から聞いた話である。

 1年先輩の校長さん(1回だけ話したことがある)が、昨年退職された。

 教育界からすっぱり足を洗われた。

 何をされているのか。

 朝5時起きで、毎日、近くの遊歩道路のゴミ拾いをされる。

 拾ってきたゴミを乾かし、選別し、集配のゴミに出す。

 それから地域の自治会に参加され、自治会の役員になり、自治会改革に取り組みたいらしい。

 「自治会を変えていきたい」

 校長時代に比べても、余計に忙しい生活をされているということである。

 すごい人がいるなと思った。

 森信三先生は、別のところで言われている。

「往相はやがて還相に転ぜねばならぬ。そして還相の極は、施であり奉仕である」

 私は、往相を往路、還相を帰路として考えてきた。

 1年先輩の校長さんは、もうすでに還相の極を歩いておられるのである。

 

|
|

« 法則化運動が、残したもの | トップページ | 児童生徒の暴力最多 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/43266886

この記事へのトラックバック一覧です: 晩年の人生との取り組み方:

« 法則化運動が、残したもの | トップページ | 児童生徒の暴力最多 »