« ブログ再開します | トップページ | 異端の21歳、勝ちに行った »

いつも、誰でも、そこから始まる

  北海道を旅した。娘の休みに合わせての家族旅行である。

 帯広から富良野、美瑛へ行った。ラベンダーは、もう終わりになっていた。

 それでも美瑛での前田真三という風景写真家との出会いは、貴重なものであった。

 といっても、前田真三は、もう10年前に亡くなっている。

 出会ったのは、彼が撮った美瑛の写真である。美瑛に設けられた拓真館での出会いであった。

 今まで写真の世界には、まったく興味がなく、前田真三という写真家もまったく知らなかった。

 だが、拓真館に入り、彼の写真を見たとき、その鮮烈さに驚いた。

 絵はがき風の風景ではない。説明風的に見るものに問いかけてくるという風景でもない。

 それは、今まで見たこともない風景写真であった。

 この写真を見ながら、「この前田真三さんが、この美瑛を有名にしたのだ」と思った。

 前田真三は、美瑛に出会ったときのことを次のように書いている。

「…先程から私はあまりにも大きく美しい眼前の風景に心奪われていた。かつてこれだけおおらかで、心にふれる風景に出合ったことがあったであろうか。そして、ふと我に返って何気なく足元から西側を振り返った時、馬の背のようななだらかな丘の上に整然と並んだ一条のカラ松林を見た。それはあたりの風景と実にうまく調和しているというよりも、この丘のカラ松のために丘を取りまく大風景が存在している、という感じであった。私は電気に打たれたように呆然と立ちつくしていた。“これこそ新しい日本の風景だ!”思わず心のうちで大きく叫んだ。急いでカメラを取り出すとカラ松の丘に向かって走った。この丘との出合である」(前田真三集 ブティック社)

 鮮烈な出合いは、いつもこのように訪れる。

 ★

 没10年を記念して、東京の渋谷東急百貨店で「前田真三写真展」が開かれていると言う。

 私も急ぎ出かけていった。多くの人たちで、いっぱいであった。

 今まで私が知らなかっただけで、この風景写真家は、もう有名な写真家であった。

 ★

 3日目は、あの有名な旭山動物園へ行った。

 暑い日であった。それでも人で溢れていた。

 小さな動物園。どこにでもいる動物たち。つぶれかかっていたというのは、まさにその通りであろうと思われた。

 私は、横浜ズーラシア動物園のそばにある小学校に通っていたので、その規模の大きさなどは問題にならないのである。

 この動物園は、何を変えたのか。

 動物の見方を変えた。今まで、物珍しい動物や物珍しい仕草で話題を作り、そこで人を集めることで成り立っていた動物園の手法を、画期的に変えた。

 動物をどのように見ていけばいいか、その見方を変えたのである。

 さまざまな工夫がなされていた。

 ペンギン館、シロクマ館、アザラシ館に人だかりがしていて、入館するには大変であった。

 ★

 風景写真家前田真三も、旭山動物園の人たちも、あちら側(風景、動物たち)が問題ではなく、こちら側の問題であるととらえたところから始めている。

 いつも、誰でも、そこから始まるのである。  

  

 

|

« ブログ再開します | トップページ | 異端の21歳、勝ちに行った »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつも、誰でも、そこから始まる:

« ブログ再開します | トップページ | 異端の21歳、勝ちに行った »