明日の教室講座での提案~「その日暮らし」の勧め~

 コロナ後の学校現場がどうなっていくのか。
 コロナ前に早く戻ってほしいと願っている先生たちは多い。

 それでも、もとに戻ることはないと、私は思っている。
 ますます困難度が増していく、と。
 
 このコロナ禍は、先生たちひとり一人に「もう一度働き方を考え直せ」と突きつけたのだと考える。

 ★
 23日の明日の教室講座(ズーム)で、「その日暮らし」の働き方を提案した。

 これは、これからの学校現場で生き抜いていく「働き方」なのである。
私は、ずっと困難校で教師を続けてきた。
 その中で身に付けてきた働き方である。

 ①今日一日で勝負する。
 ②仕事を絞る。
 ③子供たちの前では、できるだけ機嫌良く振る舞う。
 ④子供とは「距離」をとる。
 ⑤早く帰る。

 ★
 この中で一番難しくて、なかなかできないことは、③になる。
 「そんなに楽しくもなく、辛いことばかりなのに、機嫌良く振る舞うことなんかとてもできることではない!」と多くの先生は考えられる。

 学級が荒れたり、難しくなっている先生たちの顔は苦虫をつぶしたような表情であったり、能面みたいな無表情であったり。
 そんな表情を数多く見てきた。
 機嫌良く振る舞うなんて、とても、とてもできることではない。

 講座では、大谷翔平のことを話した。

 二刀流で、アメリカや日本で旋風を起こしたスーパースターである。
 はなっから異次元の人だという思いがある。

 ちょうど24日の9:00NHKは大谷翔平のことを特集していた。
 4年間に渡って取材してきた特集。

 それを見ると、子供の頃の大谷少年は、ひょろりとした、普通の野球少年。
 目立ったところは何もない。

 アメリカに渡っても、3年間は怪我などにあって不遇の時期を過ごしてきたのである。
 4年目の今年が、二刀流の最後の時。
 そう覚悟して大谷は始めたことを告白していた。

今年の大谷のスタイルは、機嫌良く振る舞って、周りを揺り動かし、敵の選手や審判をも惹きつけていた。

 彼の機嫌良さは、天性のもので、性格の良さを印象づけていた。

 だが、私は、それは天性のものではなく、意図的、計画的に演出され、それがいつのまにか普通にできるようになったものだと講座で説明をした。

 この大谷翔平のスタイルは、学ぶに値する、と。

 ★
 先生たちも、子供たちの前で機嫌良く振る舞っていけば良い。
 そうすると、子供たちは揺り動かされる。
 「どうして先生はあんなに元気なんだろうか?」
 「先生するって、あんなに楽しいことなのか!」
 「勉強するって、ほんとうは楽しく、おもしろいものなのだ!」

 最初はできない。
 だから、教室を舞台に演じることである。
 大谷が、球場を舞台に演じたと同じように、先生だって教室で子供たちを前に演じるのである。
 それが、いつのまにか自然にできるようになる。

 心理学は言っている。

 「楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなる。」
 

 講座で質問が出た。
「④子供とは距離をとる」についてである。

 以前、朝日新聞の「折々のことば」で鷲田清一さんが紹介してくれていたことを話した(2019.2.4)。

 お前が絵を描くなら、文章を書くなら、このまちの住人になるなよ。距離を取れ。
陸前高田(岩手県)の写真館店主

 鷲田さんは書いている。
「東日本大震災後、消防団長として復旧に尽くした写真館店主は、被災者の言葉を必死で写し取ろうと移住してきた東京藝大の院生(当時)・瀬尾夏美に、そう張りつめた思いを汲みつつも毅然とこう告げた。表現者は土地に密着してはならないと。これがのちの瀬尾の仕事の支えになった。……」

 私は、教師もまた同じような立場であろう、と。
 ほんとうにそのクラスに関わろうとするなら、そのクラスの子供たちにべったりと張り付いてはいけない。距離をとることだ、と。

| | コメント (0)

つれづれなるままに~明日の講座(ズーム)でお会いします~

●ずいぶんブログをご無沙汰している。
 この間、23日の明日の教室で何を伝えるかと、さまざまに思案してやっとまとめた。
 20日に事務局の糸井先生や池田先生と事前の打ち合わせをズームで行う。
 ズームでパワーポイントを操作することなどを教えてもらい、思っていたよりも簡単だったことが分かる。

 講座には、ぴったり50名の参加者。
 遠くシンガポール(日本人学校の先生)から参加される先生もいる。
ズームで可能になった講座である。

 今まで京都の橘大学に集まっていた講座が、自宅で参加できるということの可能性は大変なものである。
 

●久しぶりに良いドラマに立ち会っている。
 NHKの連ドラ「おかえりモネ」。来週で終わりを迎える。

 バックに東北大震災があり、家族や友人たちの葛藤を巻き込みながら、主人公モネの「行き」と「帰り」が描かれていく。

 原作の安達奈緒子さんに感心している。
 主人公モネが、苦しみながら気象予報士になり東京へ出かける「行き」があり、また地元の島に帰ってくる「帰り」が、丁寧に映像化されていく。

 テーマは、あくまでも「おかえり」の「帰り」なのである。それが題名になっている。

 安達さんは、よくぞ人生の「行き」と「帰り」を、こんな家族の日常の中で描いているのだと、そう思いながら毎日15分間の時間を過ごしている。

●「0655」というNHKの2チャンネルがある。
 月曜日から金曜日の、6時55分から5分間だけの番組。

 楽しみに見ている。
 そうは言っても、たったの5分間だけ。
 
 この5分間だけの時間に曜日ごとに工夫を凝らした内容を放映される。
 ほとんどが歌で構成されている。また、愛犬や愛猫は、必ず放映される。

 私が一番気に入っているのは「ななめうえ音頭」。
 たまにその音頭が入れば、今日は一日良い日だなと思えてしまう。

 

 

 
 

| | コメント (2)

再び、再び 講座の連絡です!

 再び「明日の教室」講座(ズーム)の連絡です。
10月23日(土)8:00~9:40。

 30人限定の講座を、20人増席されて50人になりました。
 10/9時点ですでに埋まっております。

 参加された先生方、ありがとうございます。
これ以上の増席はしないという事務局からの連絡です。

| | コメント (0)

「明日の教室」講座が埋まりました。追加10人です。

 「明日の教室」講座(ズーム)で提案することは何度も連絡をしています。
10月23日(土)8:00~9:40。

   この講座では、新著に書かなかったことや、その後考えたことを提案したいと願っています。

   事務局の糸井先生より30人限定の講座がすでに埋まったという連絡を受けました。
参加された先生、ありがとうございます。

   なお10人だけ追加したいということでした。
 よろしくお願いします。
 申し込みは以下のところです。

https://peatix.com/event/2926633/view

 

 

 

| | コメント (0)

再び 明日の教室の講座参加を呼びかけます!

 「明日の教室」の第1回講座(ズーム)を特別にのぞかせてもらった。
 立命館大学の荒木先生の道徳の話に聞き入って、最後までのぞかせてもらった。

 実は、ズームは参加者としては初めての経験。
 講師としては何度か経験しているのだが、実際に聞く側になるのは初めて。

 講師をしながら一番困るのは、聞く方々の反応を見ることができないことである。
 これがズームなどでのオンラインの最大の問題。

 今回の経験で、実に貴重な体験であった。
 「ああっ、こんなになるんだ!」
 「こういうことはなかなか聞き手に入らないんだ!」
…………

 第2回は、10月23日(土) 8:00~9:40
 私が講座(ズーム)を担当する。

 新著の書名が講座のテーマになっている。

 「やんちゃな子がいるクラスのまとめ方」
            ~困難な現場をどう生き抜いていくのか~

 これから学校現場で起こってくる事態は、更なる学級崩壊の増加である。
 恐らく、学校崩壊へと進んでいく学校も出てくる。
 実に暗い話であるが、はっきりした認識を持たねばならない。

 心ある先生たちがどう身構えていくかにかかっている。
 その先生たちが、学級崩壊に合わないための、予防策と対処法をどのように駆使するか、そしてその方法論を少しでも周りに広げていけるかにかかっている。

 その提案をこの講座で行いたいと願っている。
 「困難な現場をどう生き抜いていくのか」なのである。

https://peatix.com/event/2926633/view

 土曜日のほっとする時間に、こんな暗い、重い話をすることになるが、どうぞ60分だけの私の話に参加して、我慢して聞いてもらいたいと願っている(笑)。本には書いていないことを提案したい。
 よろしくお願いします。

 

  
 

| | コメント (0)

日本教育新聞に書評が載った!~『困難な現場を生き抜く!やんちゃな子がいるクラスのまとめかた』(学陽書房)~

 庭野三省先生(新潟県十日町市教育委員会教育委員)から私の本の書評を日本教育新聞に載せてもらった。
 
 ★ ★ ★
 本書の目次の5章編成のタイトルに注目してほしい。その中でも特に第4章の「なぜ教師と子供の『関係づくり』が大切なのか?」は、小学校教師の必読の内容だ。
 《教師という立場には、「教え導く立場」と「心通わせ合う立場」の2つが必要になります》
 わざわざ太文字でこの一文が書かれている。この2つの立場をきちんと自覚できない小学校教師の学級経営は、本書を読む限り学級崩壊の方向に進むことが、読み取れる。
 そして、この本のCOLAM欄「学校変貌論ノート①~⑤」を読むと今、目の前の子どもたちに何が起こっているか分かるだろう。
 また、第4章の最後に書かれている「学級崩壊の筋道」を読むのは、正直つらい。しかし、学級経営の問題と正面から向き合わず、授業研究ばかりしている教師に、痛烈なパンチを与える警告になっている。
 子どもの変貌は、学校の変貌に直結する。そこで本書は、最後の第5章で日常授業の改善を呼びかける。研究授業の取り組みよりも日常授業の改善が、小学校教育の命運を握っていることに気付けるだろう。そのことをどれだけ自覚できるのか、今、問われている。授業研究も必要だが、学級づくりも大事にしたい。
 ★ ★ ★

 私がこの本に込めたテーマを読み取ってもらっている。

「《教師という立場には、「教え導く立場」と「心通わせ合う立場」の2つが必要になります》
 わざわざ太文字でこの一文が書かれている。この2つの立場をきちんと自覚できない小学校教師の学級経営は、本書を読む限り学級崩壊の方向に進むことが、読み取れる」

 「この本のCOLAM欄「学校変貌論ノート①~⑤」を読むと今、目の前の子どもたちに何が起こっているか分かるだろう」

「そこで本書は、最後の第5章で日常授業の改善を呼びかける。研究授業の取り組みよりも日常授業の改善が、小学校教育の命運を握っていることに気付けるだろう」

授業研究だけでは、もはや限界がある。
子供たちの変貌がそこには横たわる。
だからこそ学級経営の手法を学ばねば、もう先へいけなくなっている。
 
そして、日常授業の改善が、これからの学校教育の命運を握ってくるのだということ、を。

| | コメント (0)

WITHコロナ時代の現場教師の生き方とは(3)

 コロナ禍の非常事態での生き方の原則を次のように書いておいた。

1 「明日」へ向けて「今日」をしっかり生きる。
 2 仕事を絞る。
 3 子供とは「距離」をとる。
 4 早く帰る。


 2 仕事を絞る

 どうしても担任としてやらなければならない仕事がある。

 ①毎日の授業
 ②一日の流れを進める。
 ③児童・生徒指導
 ④学級事務(テストの丸付け、ドリル・スキルの点検など)
 ⑤学校の仕事、中学校は部活
 ⑥保護者への連絡
 ⑦学年打ち合わせ、会議・研究会参加

 これだけでもこなしていくには、大変なことである。
 だが、やらざるをえない。
 
 これらは、普通にやっていく。さぼるわけにはいかない。

 ただ、必要なのは、どうしてもこだわりたいことを1つか2つに絞って、あとは普通にやること。
 全部を真面目にやらない。

 そういう真面目さを捨てることである。
 
 ただ、さぼるという選択肢が出てくるが、それをやるとすべてがいい加減になり、結局ミイラ取りがミイラになる現象がでてくる。

 3 子供とは「距離」をとる。

 子供には、つねに寄り添っていくことが必要だと思われているかもしれない。そんな真面目さも、捨てること。

 でも、子供に近づかないで、常に離れておくことを勧めているわけではない(笑)

べたべたしない。できれば、物理的にも距離をとる時間も必要。

 普通に「担任する」ことで十分なのだ。

 4 早く帰る。

 いつも遅くまで残っている。
 今日やっておかなくては明日が大変だからと遅くまで残る。
 
 家に帰り着くのは、いつも9時、10時。
 それから夕食になる。
 こんな生活をしている先生がたくさんいる。
 まともな生活がおくれるわけがない。

 やろうと思えば、教師の仕事は無尽蔵に湧き出てくる。
それを一々真面目にやっていたら、たまったものではない。

 しかし、やることをきちんと決めて絞っていたら、そんなにやることはない。
 テストの丸付け、ドリル、スキルなどの丸付けも、授業の中に組み込んでいけば、学級事務のほとんどから解放される。

 6時には仕事の目安をつける。
 繰り返すが、放課後の仕事は、教室で行う。
 職員室は、基本的には先生たちとの交流の場である。

 家では、仕事はしない。ほっとする時間にする。
 睡眠時間は、必ず6,7時間は確保する。

そんなことはできないと思われるかもしれない。
 だが、このコロナ禍は、「自分の仕事をもう一度考え直せ!」と突きつけたはずである。

 決断をする。
 もう一度自分の仕事を考え直す。
 それが求められていると、考えている。
 ★
 コロナ禍の中で、現場教師の生き方とは?という問いかけで、自分ならばこうするだろうと考えたことである。

 現場から14年も離れているので、現実の現場感覚とすれ違っているのかもしれない。

 だが、ただでさえ困難な現場で、さらにコロナ禍が付け加わっている現場で、何の身構えも持たないままに過ごしていけば、こちらがぼろぼろになり、鬱病になっていく恐れは大きいはずである。
 それは自覚しないままに襲ってくる。

 ぜひとも、身構えてほしいという願いでこれを書かせてもらった。
                             (終わり)

| | コメント (0)

WITHコロナ時代の現場教師の生き方とは(2)

 この非常事態(異常事態)での、日々の過ごし方を考えたい。
 きちんと原則をもって過ごさなければ、日々に流され、自分がおかしくなっていく恐れがある。

 もともと学校の教員は、ブラック企業のモウレツ営業マンと同じであった.
「とにかく売ってこい!」と叱咤激励されて、営業へ出かける営業マンとまったく変わりない生活であった。

 コロナ禍でさらに生活ぶりは過激になっているはずである。
 一時流行になった「働き方改革」なんか誰ももう言わなくなった。
 ★
 私が考える原則は、次のことになる。

 1 「明日」へ向けて「今日」をしっかり生きる。
 2 仕事を絞る。
 3 子供とは「距離」をとる。
 4 早く帰る。

1 「明日」へ向けて「今日」をしっかり生きる。
 
 どんな人でも、「今日」が充実しておけばちゃんと生きていける。
 この原則は、肝に銘じておけばいい。

 過ぎ去った「過去」を振り返らない。
 これからの「未来」も描かない。
 目の前の「今日」だけをしっかり生きるだけ。
 そうすると、「明日」へつながる。

 私は、最後にしたいと思った勤務校で、有名な困難校に異動になった。
 正直嘆いたものである。

 そのとき、自分に言い聞かせたのは、この原則であった。
 
 まず、手帳を変えた。
 「今日」が鮮明になる手帳である。手づくりをした。

Img013

 左側に今日行うことを書き出し、それをいつやるかを右側に書く。
 やることは最小限度。
 一日の時間は、ほとんど決めておく。
 計画したとおりに動く。
 計画したことはレ点をつけて実践したかどうか確認する。
 
 放課後、会議や打ち合わせがないときは、教室で過ごす。
 教室で、明日の準備をする。
 職員室は、交流の場所。職員室では、仕事をしない。
 ほとんど5時に帰る。
 帰りに、明日の予定をつくる。


 所詮、人間はちょぼちょぼである。
 もともと強い人なんかいるわけがない。

 ただ、強くなれるかどうかは、自分なりの生き方の原則をもって、過ごしているかどうかになる。
 それが決め手である。(つづく)

| | コメント (0)

WITHコロナ時代の現場教師の生き方とは(1)

 やっとコロナ禍の第5波が収束に向かっている。
 これから第6波がいつやってくるのか、身構えなければいけない。

 学校現場の状況は、大変である。
 分散登校であったり、オンライン授業であったりしている。

 中には、対面授業をしながら、同時にオンライン授業をしている様子をテレビは映し出していた。
 対面で子供たちに説明しながら、左手でパソコンを持ち、オンラインを行っている。
 
 ため息がでる事態。
 教師一人で2つの授業を同時にやっている。
 スーパーマンのような役割を教師が担っている。
 
 こんなことが長続きするのだろうか。

 ★
 明治5年の9月4日 日本は学制発布を行った。
 学校教育が始まったのである。

 あれから今年は149年目。来年は150年を迎える。

 このコロナ禍は、学校教育が始まって以来、初めて経験する非常事態になる。異常事態と言ってもいい。

 文科省は、あらゆる施策が、後手後手に回る。
 その下の教育委員会や学校の管理職も、当然後手後手で引き回される。

 「音楽会、運動会、修学旅行と多くの行事は本年度も内容が二転三転。そのたびに一から相談、会議、保護者への伝達の繰り返しだ。『無限ループ。もう何回やったか分からない』。男性校長はため息をついた」
 とヤフーニュースは伝えている。

 初めて経験することだから、行政も的確な施策を出せない。
当然、学校は引き回される。
 
 とにかく、見通しをもって考え、先を見据えることができなくなっている。
 
 心配なのは、先生たち。

 上の方から繰り返される指導の数々は、朝令暮改である。
 一々これに真面目に従っていたら、こちらがやられる。
 無限ループなのだから。
 心を病む。

 もうすでにそんな現象が始まっているのではないか。

 ブログを読んでもらっている先生たちに問いたい。

 こんな非常事態(異常事態)をどのように過ごしていくかの原則をもっておられるだろうか。

 学校教育は、学制発布以来149年目の非常事態なのである。
 今まで通りまともに過ごしていたら、こちらがやられる。

 必ずこの非常事態を凌いでいく生き方の原則を身に付けなくてはならない。
仕事をしていくための行動の原則と言ってもいい。

 上から言われる通りに唯々諾々と過ごしていたら、こちらがやられる。
 上の方も的確な指導なんかできないのだから。
 ★
 私はもう現場で過ごしていないのだが、私ならば、どのような原則をもって今回の事態を凌いでいくのだろうか。
 
 これはきちんと考えていく必要がある。

 はっきりしているのは、このコロナ禍は、すぐには収束しないこと。
 専門家は、もう2,3年はかかると言っている。

 WITHコロナの時代に、現場教師はどのような生き方の原則を打ち立てるのか、それが問われている。(つづく)
 

| | コメント (0)

京都「明日の教室」講座参加をお願いします!

 京都「明日の教室」での講座を紹介します。
 ズームでの講座です。10月23日(土)。

 今回『困難な現場を生き抜く!やんちゃな子がいるクラスのまとめかた』(学陽書房)の本を発刊しています。
 おかげさまで多くの方に読んでもらっています。

 この本の発刊を記念して(大袈裟ですが<笑>)、明日の教室で講座をもってもらうことになりました。

 この本と同じことを話してもつまんないことになりますので、できるだけここに書かなかったことを含めて提案したいと願っています。
土曜日のほっとする時間ですが、参加してもらうことを願っています。
 よろしくお願いします。

https://peatix.com/event/2926633/view

 また、明日の教室では、9月25日に立命館大学の荒木寿友先生による「いちばんわかりやすい道徳の授業づくり」の講座(ズーム)が行われます。
 よろしくお願いします。

 https://peatix.com/event/2830265/view

 

| | コメント (0)

«「現実」を乗り越える実践を!